×閉じる
ピノ子のレポート

沖縄の神様が眠る「アマミチューの墓」

413はまひが ホテル&カフェに家族で宿泊した際に、スタッフのかたから「アマミチュー」と「シルミチュー」という、パワースポットを教えてもらいました。
今回は、沖縄の神がまつられている「アマミチュー」を紹介します。

スポンサーリンク

浜比嘉島全体がパワースポット

浜比嘉島パワースポット
アマミチューのある浜比嘉島は、“島全体がパワースポット”といわれるような島です。
なぜなら、浜比嘉島は、琉球(昔の沖縄の呼び名)をつくった神様が住んでいた場所とされているからです。

沖縄の神がまつられている「アマミチュー」

アマミチューの墓の看板
沖縄の神様は、女の神様を「アマミキヨ」、男の神様を「シネリキヨ」と呼びます。
浜比嘉島ではそれぞれをアマミチュー、シルミチューと呼び、敬ってきたそうです。

そして、2人がまつられていると伝えられているお墓が「アマミチュー」なのです。
毎年、旧暦の1月1日には比嘉の祝女(ノロ)が中心となり、豊穣・無病息災・子孫繁昌を祈願している、沖縄でも有名なパワースポットの一つです。
※比嘉の祝女→調べてみたところ、祝女(ノロ)は女性の司祭のことのようです。比嘉地区の祝女(ノロ)ってことですね。

「アマミチュー」の様子

アマミチューの墓
アマミチューまでは、浜比嘉大橋を渡り、突き当たりを左折してしばらく車を走らせた海沿いにあります。

アマミチューの案内看板
車は近くの駐車場(広場のようなところ)に停めて、歩いて向かいます。

アマミチューの墓近く
コンクリートの道を渡って、左方向に進んでいくと石碑があります。
この石碑の先にアマミチューはあります。

アマミチュー
小さな階段を登ると洞穴に守られるようにしてあるお墓が「アマミチュー」です。
ここに沖縄の神様「アマミキヨ」と「シネリキヨ」がまつられていると伝えられています。

浜比嘉島の橋がみえる
アマミチューからは浜比嘉大橋の全景をみることができます。

アマミチューからの景色がきれい
私たちが訪れたときはほとんど波がなく、とても穏やかな海。
アマミチューの神秘さがより際立っていました。

キノコ岩
なんとも不思議な形をしたきのこ岩(ノッチ)。
長い年月をかけ、波や生物によって浸食されて削られたそうです。

うるま市のパワースポット
ノッチは見る角度によって、形が変わります。
雲の形も相まって、なんだかパワーを感じてきました。

アマミチュー近くの岩
アマミチューのある岩の小島には、ほかにもこんな岩が!
遠くからみると、穴の部分がすこーしだけ逆さのハートに見えました。

アマミチュー周辺
アマミチューの反対側にも少し歩いてみましたが、岩の小島だけあり、迫力のある岩に囲まれています。

シルミチューと合わせてパワースポット巡り

「アマミチュー」から「シルミチュー」までは車で約10分ほどの距離です。
同じ浜比嘉島内にありますので、合わせて参拝に訪れるといいかもしれません。

スポンサーリンク

スポット情報

名称 アマミチューの墓
住所 沖縄県中頭郡勝連町比嘉105
アクセス 海中道路より車で約5分
営業時間 -
定休日 -
電話番号 098-965-5634
URL https://goo.gl/maps/Tck6B1kY2pq
予約サイト -
駐車場 あり
料金 無料
設備 周辺にトイレあり

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事