×閉じる
みなみのひげのレポート

南城市の「浜辺の茶屋」で、ゆったりカフェ時間。

海がすぐ下

雑誌などでもよく紹介されている「浜辺の茶屋」。
南部でとても人気のあるカフェです。癒やされるお店なので、ご紹介します!

スポンサーリンク

目の前に広がる海!

浜辺の茶屋といえば、沖縄の絶景カフェのはしりのお店。

入り口の階段をくだるともう海

海が本当に目の前!
砂浜のすぐ上に建物があります。
店内の窓から見える海の景色はとってもきれいですし、外のテラス席は砂浜の上ですし、どこからでも沖縄の海を堪能できる喫茶店です。

ただ海がこれだけ近いので、台風のときは大変なようです。
台風後に浜辺の茶屋に訪れたときは、お店のかたが自分で修理していました。なんと、浜辺の茶屋は自分たちでお店を建てているのだとか!すごい!

この素晴らしい景色をみられるのも、お店の方のこうした苦労があってのことなのですね。

お店の様子

浜辺の茶屋入り口

まず、入り口の看板。

シーサーくんたち

入り口ではシーサーがお出迎えしてくれますよ。

階段でお店へ

階段を降りて店内にいきます。(屋上テラス席は階段不要ですが、1度お店の方にテラス席にいることを伝えましょう)

屋上のテラス席

こちらが屋上テラス席。

ウッド調の店内

店内です。静かに流れているBGMのボサノバが、雰囲気にあっています。

ちょっとしたアイテムが売っている

店内には窓際席と、テーブル席があります。テーブル席の後ろの棚では、お店で使っている器などのアイテムが売られています。

窓際席の人々

そして、こちらが窓際席。一番おすすめの席です。ここから見える海は本当にきれいで癒されます。

至福のカフェタイム

窓際席からの景色

休日に行った時はけっこう混んでいたのですが、平日だからなのか、わりかしすいていました。

窓際席

空いていたおかげで窓際をゲット!

席に座ると、この景色。。

窓からみた景色がとんでもなくきれい

景観に時間を忘れそう

黄色いボートがいいアクセント

癒される海の景色

海の景観に見とれて、思わず「ふぅー」っと一息ついてしまいます。本当にきれいな景色。

ブランチセットを注文

席についてメニュー表を見たら、ブランチセットというのがあったのでそれを頼みました。

浜辺の茶屋トースト、クロックムッシュ

クロックムッシュ(カフェのトーストですね)。

ブレンドコーヒー

そして、ブレンドコーヒー。

朝ごはんを食べていなかったのでまさにブランチ。こりゃいいやと、ゆったりカフェタイムです。

癒される海の景色

癒される海の景色

癒される海の景色

ずーと見ていられる..。

ちなみに、店内の各所にこんなノートがあります。

コメント帳

お店へのコメントを残せる自由帳です。こんなのを書いたりしながらゆっくり過ごすといいと思います。

絶景を狙うために

もちろん浜辺の茶屋は、どの時間帯でも景観を楽しめるのですが、私としては、やはり海が満ちているときの景色がもっとも素晴らしいと感じます。

窓からみた景色

この景観は、いつでもこうなっているわけではありません。
天気が晴れていて、雲がそこまで多くない日に、潮の満ちたタイミングでいくと見られるのです。

潮が引いている

ちなみに潮が引いているとこんな感じ。いうてもきれいではあります。

海があると青い

でも海が満ちれば、きれいな沖縄らしいエメラルドのようなブルーがふんだんに楽しめます。

目の前は砂浜なので、満潮干潮があります。
天気や雲の具合はどうしようもないですが、潮の満ちるタイミングはある程度読みもきくので、時間帯を見計らっていけば、より極上のカフェタイムが味わえることでしょう。

参考:気象庁 | 潮汐・海面水位のデータ 潮位表 沖縄(OKINAWA)

潮が引くと散歩もしやすい

反対に、潮が引くと目の前の砂浜を散歩でき、また全然違う景色を楽しむことができます。

タイミングによって楽しみ方がかわるカフェ

ここでは紹介できませんでしたが、夕暮れ時もいいらしいです。
一度行ったことのあるかたでも、いろいろなタイミングで浜辺の茶屋を楽しんでみてください。

浜辺の茶屋でゆっくりカフェタイム

スポンサーリンク

スポット情報

名称 浜辺の茶屋
住所 沖縄県南城市玉城字玉城2-1
アクセス 那覇空港から車で約40分
営業時間 10:00~20:00(月曜日は、14:00 OPEN )
定休日 年中無休
電話番号 098-948-2073
URL http://hamabenochaya.com/
予約サイト ホットペッパーのお店情報(予約・地図)
駐車場 あり 20台
料金 -
設備 -

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事