ピノ子のレポート

タケタパーラーは沖縄パーラーの新しいかたちかも。オシャレだけど、気軽によれる感じがいい!

タケタパーラーの外観

那覇の安謝近辺にある曙。
海浜エリアで、沖縄でも日常感あふれるエリア。

工場もあるような街中に、ひょこっとおしゃれなお店が誕生しました。

名前は、タケタパーラー

ちょっとゆるめのレトロな名前と、シンプルでとてもおしゃれなカフェ空間。
ふたつがセンスよく合わさっていて、とても素敵なお店です。

スポンサーリンク

立ち寄りやすい+居心地がいい=「タケタパーラー」

レトロなパーラーと、シンプルなカフェのいいとこどり

那覇のカフェ・タケタパーラー

アメリカ文化が色濃くのこる沖縄では、パーラーって、なじみのあるお店です。

昔から営業しているところがほとんどで、サンドイッチやアイスクリーム・ドリンク類といった、軽食を売っているお店が多いです。

タケタパーラーはそんなパーラーにカフェを足して2で割ったようなお店。

パーラーの立ち寄りやすさに、カフェの居心地の良さを感じます。

タケタパーラーの外観

コンパクトなお店の素敵な外観。
なかに入るとシンプルで気持ちのいい店内。

タケタパーラーの内装

おしゃれなパーラー

タケタパーラーのメニュー

でもどこかゆるやかで、本当、昔からやっているパーラーのような。

いいとこ取りな雰囲気が、きっととても気にいりますよ。

みんなが気軽に集う憩いの場

なんかいい雰囲気だなぁって思っていたら、やっぱりオーナーさんの「パーラー」に対する思いがありました。

「パーラーって、アメリカやイギリス、カナダあたりだと一般的なお店です。
特にカナダでは人々が集い、つながる、生活に欠かせないとても大事な場所。知らない人同士でも気軽に話したり、本当に素敵な場所なんですよね。
そういうパーラーのいいところを意識してお店もつくりました」

高校生も立ち寄りやすいカフェ

たしかにタケタパーラーには、観光の人だけでなく、地元で働くかたや学生さんの姿も。

ふらっと立ち寄りやすいのがパーラーの魅力

来た人たちは自然とつながり、和気あいあいと語らう雰囲気に。これってなんとも沖縄らしいです。

立ち寄りやすい軽食売店というだけでなく、「パーラー」の名前どおり、みんなの憩いの場所でもあるんですね。

お店に入ってもらいやすいように、あえて「ちょいダサ」

この気持ちのいいシンプルさと、絶妙な居心地の良さ。その秘密はあえてのちょいダサにあるとのこと。

見てくださいよ。
タケタパーラーのこのロゴ。

タケタパーラー

クタッとした手書きのなんとも気の抜けた感じ(←すみません)。

これがいいですよね。

タケタパーラーのロゴ

昭和の感じがいい

お店の前の「タコライス・カレー」の文字もちょっと昭和感あるかわいらしい文字。

ちなみに「タケタパーラー」の名前の由来は、オーナーのおじいさんの名前からとっているそう。
先代にパーラーをしていた人がいるわけでもないのに、「タケタってなんかいいじゃん!」となり、決まったのだとか。

ロゴといい、おじいちゃんの関係のなさといい。
このゆるさ、好きだ

夫が非常に気に入ってました。

パーラーだけど、結構がっつり食べられる

タケタパーラーのメニューはこのような感じです。

タケタパーラーのメニュー

フードメニュー

学生さんでも立ち寄りやすい価格

パーラーといえども、結構がっつり食事できます。

それに、高校生でも立ち寄りやすい価格帯なのがいいですね。

たとえば、わたしたちが注文したゴロツクタコライス580円
カツカレー680円

2つともお店の人気メニューです。

カツカレーのカツにはあるこだわりが

沖縄とコラボのカツカレー

最初にやってきたのは、カツカレー。

一見、普通のカツカレーのように感じますが…

カツカレーのカツ

本土のカツ沖縄のカツのコラボレーションでした。

どういうことかというと、本土は脂身付きのロース肉を使うのが一般的ですが、沖縄のカツはショルダー(肩)のお肉を叩いて柔らかくするんですよね。
よく沖縄の食堂で出てくるカツが薄いのは、これが理由です。

タケタパーラーは沖縄県内で好まれる肩ロースに、本土のような脂身をプラス。

だからヘルシーなのにジューシー!

お肉を叩いて脂をのせている

脂身がお肉にまんべんなく広がっていて、これがカレーに合っておいしいんです!

カツカレーは、なんだか不思議と懐かしさを感じる味で、また食べに行きたくなります。

名前が気になる「ゴロツキタコライス」はお肉が..!

ゴロツキタコライス

次にやってきたのが、ゴロツキタコライス。

ゴロツキタコライス」ってメニュー名が、すごい気になっていたんですよね。

サルサソースをかけていただく

なにがゴロツキなんだろう?

サルサソースをかけ、

ごろついたタコライス

一口食べてみたら、納得!

たしかにお肉がゴロついてる

お肉がゴロゴロしていて、ふつうのタコライスよりもお肉感が!おいしいですね、ゴロツキ!食べがいがありますよ。

「サルサソースの辛さが苦手…」というかたは、辛さ控えめのゴロツクヨコライスもあるので食べてみてくださいね。

ヨコライスのヨコは店長(ヨコタさん)の名前から取っているそうです。

いいわーこのゆるさ

夫がやたら気に入っていました。

ホットコーヒーとグァバジュース

グァバジュース

わたしは食事と一緒に、グァバジュースを。

ホットコーヒー

夫は食後にホットコーヒーをいただきました。

食事を終えて、ほっと一休み。

居心地がよくてついつい長居しちゃいました

フード・ドリンクともにテイクアウトOK

タケタパーラーのテイクアウト

飲みもの・食べものともに、テイクアウトOKだそうです。

おいしそうなサンドイッチメニューもあって、本当に気軽に立ち寄れる感じ。まさにパーラー。

駐車場もあるので、ドライブの途中にちょっといってみることもできます。

電話で注文しておくこともできるそう

テイクアウトのドリンクにはイラストつき

わたしたちはこれから名護まで長時間ドライブなので、ドリンクをテイクアウトしてみました。

かわいいパッケージ!

と思って聞いてみたら、なんと店員さんが手書きで描いてくれているらしいです。

絵を描く店員さん

イラストを店員さんが買いてくれている

こういう絵心、ほんとうらやましい。

タケタパーラーはゆいまーるで溢れていた

もともとタケタパーラーは友だち3人が共同オーナーになってはじめたお店だそう。

そこに沖縄らしく、ゆいまーるなきっかけでメンバーが集まってきたそうです。

求人をみてやってきた女性スタッフ。
その女性スタッフに誘われ、友だちが集まり。
さらにその友だちのお父さんが縁あって店長さんに!

タケタパーラーの店員さん

▲店長さん(左)と店員さん。店員さんのお友達のお父さんが縁あって店長さんをされているのだとか!

ちょっとした家族経営みたいになってる(笑)

さらにいま、沖縄国際大学の学生100名に、お客さんを増やすための「マーケティング計画」を作ってもらっているのだそう。

ひょんなことがきっかけで、授業の一貫として取り組んでもらえることになったのだそうですよ。

なんてラッキーな!

ほかにも夜の時間帯にプロジェクトションマッピングをやってみる計画もあるそうです。

なんだか、本当にゆいまーる。

これからますます楽しいお店になっていく予感がしますね。

お店の様子はSNSで更新中です

タケタパーラーは、Instagram・Twitterをやっています。

Instagramをみる

Twitterをみる

「どんなお店かな?」と気になったかたは、ぜひチェックしてみてくださいね。

シンプル・おしゃれだけど、気軽によれる、この居心地のよさ。

本当、タケタパーラーって沖縄パーラーの新しいかたちだなぁって思いました。

スポンサーリンク

スポット情報

名称 タケタパーラー
住所 沖縄県那覇市曙3-8-24 1F
アクセス 古島駅から車で約8分
営業時間 火曜〜土曜:11:00〜21:00、日曜:11:00〜17:00
定休日 月曜日
電話番号 050-1165-0019
URL https://taketa-parlor.storeinfo.jp/
食べログ 食べログのお店情報
駐車場 あり
料金 かつカレー¥680、ゴロツク タコライス¥580
設備 カウンター席・テーブル席・テイクアウト可

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

スポンサーリンク