×閉じる
ODAY 特集

【沖縄南部】おすすめの1泊2日観光コース

沖縄の南部に住んでいる夫婦が、おすすめの観光スポットを考えてみました!
今回は首里城・識名園・国際通りなどの定番コースはあえて入れず、カフェや買い物を楽しめる1泊2日の観光コースを紹介していきます。

スポンサーリンク

観光コースの内容

1日目

11:00 那覇空港に到着
12:30 浜辺の茶屋でランチ
14:30 知念岬&斎場御嶽へ
16:00 やちむん巡り
18:00 うりずんで夕飯
21:00 ホテルオーシャンに宿泊

2日目

9:30 ホテルを出発
10:00 お魚センター&ファーマーズマーケットへ
11:30 ウミカジテラスをフラフラ
12:30 POSILLIPOでランチ
14:00 瀬長島ホテルの琉球温泉でまったり
17:00 那覇空港を出発

1日目の詳細

11:00 那覇空港に到着

那覇空港到着後は、予約していたレンタカー屋さんが空港まで迎えにきてくれるが一般的です。(→レンタカーの予約がまだの方は、たびらい沖縄から予約が可能です)

車を受け取り後、観光がスタート!

12:30 浜辺の茶屋でランチ

那覇(もしくは豊見城の)レンタカー屋さんから南城市方向に車を走らせ、約40分。

浜辺の茶屋
海がすぐそこにある浜辺の茶屋でランチを食べましょう。

2015041109
食後は、海辺をゆっくり散歩するのもおすすめ。もし海に入りたい場合は、車ですぐのところに新原ビーチがあります。

駐車場・シャワーは有料になってしまいますが、天然ビーチでとてもきれいです。

浜辺の茶屋が満席の場合は、近くの「山の茶屋」へ。ほかにも南城市には絶景カフェ「くるくま」・「やぶさち」などありますので、気になるカフェを回ってみるといいかもしれません。

14:30 知念岬&斎場御嶽

続いて、知念岬へ向かいます。

知念岬公園
知念岬は本当に景色が良い、絶景スポットです!

パラグライダーで人が飛んでます
風がある日はあちらこちらでパラグライダーが飛んでいます。

知念岬を見終えたあとは、がんじゅう駅に車を駐車します。

次は、パワースポット「斎場御嶽」です。斎場御嶽のチケットは、がんじゅう駅で購入します。がんじゅう駅から徒歩10分のところに、斎場御嶽はあるので、先にお手洗い・水分補給等はすませておきましょう。

斎場御嶽
斎場御嶽の一枚岩がよりかかっている姿は、とても迫力があります。

斎場御嶽の観光後、歩き疲れた場合は、がんじゅう駅でひと休み。
涼しい店内にはイスがありますので、そこでも休憩が可能です。お土産もここでしか手に入らないものもありますので、ちょっとのぞいてみるといいかもしれません。

16:00 やちむん巡り

体力が回復したところで、やちむん巡りへ。

南城市には作家さんが多く、やちむんを販売しているお店があちこちにあります。

ボノボの食器
やわらかい雰囲気のボノホ

小皿
スタンダードな美しさがある、陶房 眞喜屋

湯呑み
シンプルで味わい深い、宮城陶器

作家さんによって作るうつわは全然違うので、色々なお店をまわってお気に入りの1枚をみつけるのも楽しいです。

18:00 うりずんで夕飯

南城市を満喫したところで、宿泊するホテルオーシャンへ。

那覇で人気の沖縄料理屋「うりずん」
ホテルから沖縄料理専門店「うりずん」は徒歩5分。車をホテルに駐車して、歩いていきましょう。

らっきょの天ぷら
うりずんは、創業1972年の超老舗。沖縄料理の種類が豊富で何を頼んでも美味しい、おすすめのお店です。

21:00 ホテルオーシャンに宿泊

お酒を飲み、気分がよくなったところでホテルに戻ります。

ホテルオーシャン
ホテルオーシャンは、宿泊したことがないので詳細はわかりませんが、「世界一沖縄料理が豊富」なホテルにも選ばれたそうです。

宿泊の際は、朝食付きにするといいかもしれないですね。

1日目はこれでおわりです。ゆっくりお休みください。

2日目の詳細

9:30 ホテルからお魚センター&野菜市場へ

itoman_osakana
お魚センターでは生牡蠣・ホタテのウニソース・オリジナル勝手丼など、新鮮な海鮮をその場で食べることができます。
沖縄ならではのカラフルな魚も並ぶので、みているだけでも楽しい市場です。

併設されているファーマーズでは、採れたての野菜・果物が販売されています。
お土産屋さんよりもマンゴーが安く手に入ったりと、お土産えらびの場としても活躍します。

11:30 ウミカジテラスをフラフラ

ウミカジテラス
新しくオープンした新スポット「ウミカジテラス」です。
30店舗以上のレストランやカフェ・ショップが集まり、ショッピングや食事を楽しむことができます。

12:30 POSILLIPOでランチ

POSILLIPO
ランチは、ウミカジテラス近くの「POSILLIPO」がおすすめです。テラス席からは瀬長島の海を見渡すことができます。

前菜5品盛
ランチコースは1600円。お好きなメイン料理が選べ、前菜5品盛り・デザート・ドリンクもついてきます。

14:00 瀬長島ホテルの琉球温泉でまったり

瀬長島温泉

公式サイトより

飛行機までの時間がある場合は、ランチを食べたPOSILLIPOすぐ近くの「瀬長島温泉」へ。
沖縄では珍しい天然温泉で、日本で唯一、夕日と空港を見ることができます。
贅沢に使用した大露天風呂に入れば、旅の疲れを癒してくれること、間違いなしです。

南部のオススメ観光マップ

1泊2日の観光コースを地図上で表示しています。

沖縄南部なら1泊2日で観光できます!

沖縄といえば、美ら海水族館がある北部・リゾートホテルが建ち並ぶ中部が人気です。
ただ那覇空港から1泊2日で回るとなると、移動までの時間が取られてしまいます。そんな時は、沖縄南部の観光がおすすめ!
南部といっても、首里城・国際通り以外にもこんなにたくさんのおすすめスポットがあります。

旅行期間が短いときは、南部をゆっくり回ってみるといいかもしれません!

冬でも回れる観光コース

沖縄観光というと必ず「夏」に来るイメージがありますが、ここであげた南部の観光コースは、景観や文化を中心に楽しむので、冬シーズンでも十分に楽しめます。

沖縄の海は冬場でもかなりエメラルドブルーの色合いが残っていてきれいです。気温も15〜20度と本州の冬場と比べて10度近く暖かいです。オフシーズンだから飛行機代やホテル代も安い!

「ゆったり沖縄を楽しむ」といったテーマで、沖縄をめぐるならば、通年通して楽しめる南部巡りはおすすめですよ。

関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事

Translate »