×閉じる
ODAY 特集

【冬の沖縄観光ガイド】海だけじゃない沖縄の楽しみ方

南国リゾートのイメージが強い沖縄。
「冬の沖縄って何をすればいいの?」と、冬の沖縄旅行の過ごし方に困っている方も多いのではないでしょうか?
そこで冬の沖縄ならではの魅力・楽しみ方を紹介します。

スポンサーリンク

冬の沖縄旅行の魅力

1、ホテル・飛行機が安い

ブセナビーチ
海に入ることができるオンシーズンは、4月〜10月頃です。
反対に、海に入ることができないオフシーズンは、11月〜3月頃、つまり冬です。

海に入ることができないオフシーズンは、通常よりも安く沖縄旅行ができるのです。
普段は高級でなかなか泊まることができないリゾートホテルもお値打ち価格で宿泊できる場合がありますので、チェックしてみましょう。

沖縄旅行の価格を調べる

2、観光スポットが空いている

斎場御嶽の中の道
オフシーズンというだけあり、沖縄へ旅行に来る観光客が減少します。
ゴールデンウィーク、お盆などはとくに渋滞や行列が起こりますが、オフシーズンであれば比較的どこでもスムーズに観光することができます。

冬の沖縄旅行は時間を有効活用できるので、多くの観光スポットを味わいながらまわることができるのも魅力です。

3、海がキレイに見える

冬は海がキレイにみえる
オンシーズンはたくさんの人がビーチで海水浴を楽しみます。
そのため、砂が巻き上がり、ビーチ近くの海水の透明度が下がってしまい、本来の海の美しさを見ることができないこともあります。

冬であれば海水浴をしている方はおらず、ビーチへ行くと透明度の高い海をみることができます。
(しかし風が強く、寒さを感じることもあるので、そこは注意。)

4、過ごしやすい気候

過ごしやすい気候
沖縄の魅力の一つは、冬でも暖かく過ごしやすい気候かもしれません。寒さを逃れるために、避寒地として訪れる方もいるほど。

夏場は暑すぎて観光に行く気がしないような場所でも、過ごしやすい気候の冬は訪れたくなる場所も多くあります。

「沖縄で季節ごとに最適な服装」をみる

冬の沖縄ならではの楽しみ方

1、ホエールウォッチング

ホエールウォッチング
冬のアクティビティで人気なのが、ホエールウォッチングです。
沖縄では12月下旬~4月上旬頃に楽しむことができます。

クジラのあまりの大きさに圧倒されますので、ぜひ1度は体験してみてください!(船酔い、注意!係の人の注意もしっかり耳を傾けましょう)

ホエールウォッチングの様子をみる

2、イルミネーション

沖縄のイルミネーション
クリスマス〜年越しにかけて、沖縄各地でイルミネーションが開催されます。
本土に比べ暖かいため、凍えながらイルミネーションをみる、ということはありません。

イルミネーションの詳細をみる

3、フクギ並木

フクギ並木
本土では紅葉の美しい時季、沖縄では常緑樹のフクギ並木が快適にみられる季節がやってきます。

冬場に訪れれば、過ごしやすく、蚊もおらず、人も少ないため、緑のトンネルの写真撮影がしやすいです。
フクギ並木の葉が冬でも緑色なのは、沖縄ならではかもしれません。

フクギ並木をみる

4、サクラまつり

サクラ祭り
沖縄の桜「カンヒザクラ(寒緋桜)」は、1月〜2月頃に開花します。
本土は冬真っ只中ではありますが、沖縄に来れば一足早く桜をみることができます。

日本一早いサクラまつりをみる

5、ひまわり畑

北中城のひまわり
サクラの次は、ひまわりの時期がやってきます。
ひまわりといえば真夏に咲くイメージですが、ここ沖縄では冬の終わり(2月中旬〜3月中旬ごろ)に咲きます。

旅行のタイミングが合った際は、ひまわり畑をのぞいてみるといいかもしれません。

2017年の開催について

期間:2017年1月21日(土)~2月5日(日)
場所:しおさい公苑付近(北中城村熱田2070-16)
参考:ひまわりin北中城facebook

日本一早いひまわり畑をみる

6、やちむん探し

やちむんの里はたくさんやちむんが売られている
沖縄の焼き物を「やちむん」といい、お土産の品としても人気です。
やちむん探しで人気のスポットに「やちむんの里」があります。広い敷地に色々な焼き物工房が軒を連ねています。
夏場であれば歩いてまわるのも一苦労…。しかし冬場であればゆっくりじっくりとお気に入りのやちむんを探すことができます。

冬の沖縄はやちむん市も盛んですので、日程に合わせて観光コースを決めてみるのもいいかもしれません。

  • 読谷山焼陶器市(毎年12月第3金土日)
  • 読谷やちむん市(毎年2月の最終土日)
  • おきなわ全島やちむん市(2016年3月19日~21日)

やちむんの里をみる

7、ゴルフ

沖縄のゴルフ
沖縄のゴルフは冬がトップシーズン。
去年は石川遼くんも冬の沖縄に訪れていました。

本土に比べると寒くないうえに、日没時間が遅く、海がみえるコースも多いので、ゴルフをする環境にはもってこいです。

8、マラソン

沖縄のマラソン大会
冬の沖縄は各地でマラソン大会が開催されます。

  • 尚巴志ハーフマラソンin南城市大会(2016年11月6日)
  • 日本最西端与那国島一周マラソン大会(2016年11月12日)
  • 石垣島リレーマラソンフェスタ(2016年11月27日)
  • NAHAマラソン(2016年12月6日)
  • とかしきマラソン(2017年2月4日)
  • おきなわマラソン(2017年2月19日)

ほかにも多々ありますので、ご興味ある方は調べてみてくださいね。

9、トレッキング

トレッキング
あまり山のイメージがない沖縄ですが、登山を楽しむことのできる山もあります。
標高が高くないため、チャレンジしやすいかもしれません。

沖縄本島には本島最高峰の与那覇岳(標高503m)をはじめ、石川岳(標高204m)・熱田岳(標高160m)・名護岳(標高345.2m)・嘉津宇岳(標高452m)などがあります。ただし、ハブなどの危険もあるので、そこは注意。
山登りはちょっとハードという方には「国頭村森林公園」のトレッキングがオススメだそうです。

10、バードウォッチング

バードウォッチング
沖縄には独自の野鳥や、貴重な野鳥が生息しています。
リュウキュウメジロ・リュウキュウアカショウビン・アカヒゲなどは、色合いも鮮やかで見つけると嬉しくなってしまいます。

ハイシーズンの暑いなかで活発な野鳥を観てまわるのもいいですが、本州の春のような陽気のなかで観てまわるのはオススメです。なかなか見ることができない野生のヤンバルクイナの観察に、じっくりとチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

11、釣り

釣り
沖縄では年中釣りが盛んですが、冬場の釣りは小型の魚を狙うのが一般的。
夏場の大物マグロやカジキとは違い、小型の魚は初心者でもチャレンジしやすいです。ツアーを組んで「釣りの旅」を楽しむのも一興。

釣ったお魚を調理してくれるサービスも豊富なので、たくさん釣れればお腹も満たされます。

12、野球のキャンプ見学

沖縄の野球キャンプ
冬でも過ごしやすい沖縄は、プロのスポーツ選手が練習に訪れます。

特に人気なのが、野球キャンプ。
去年は阪神タイガースが沖縄入りしており、練習を見学してきました。

阪神タイガースキャンプの様子をみる

13、サッカーのキャンプ見学

プロサッカーの沖縄キャンプ
私が今年の冬に最も楽しみにしている、サッカーのキャンプ見学。
去年は、ガンバ大阪が沖縄入りしたため、見学へ行ってきました。

ガンバ大阪の様子をみる

14、温泉

沖縄の温泉
沖縄には、意外と温泉もあります。
旅行の最後に、温泉でリフレッシュして帰るのもオススメです。

那覇空港から近い「琉球温泉 瀬長島ホテル」、那覇の「ロワジールスパタワー那覇」、宮古島にある「シギラベイサイドスイートアラマンダ」が人気です。

沖縄の温泉を調べる

まとめ

沖縄ならではの冬の楽しみ方はいかがでしたか?
探してみると、沖縄には海だけじゃない魅力がたくさんあることがわかりました!

ここには上げきれなかった沖縄の冬の魅力がまだまだあるかもしれません。沖縄へ観光に来て、ぜひ探してみてくださいね〜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

スポンサーリンク