アヒポキ

古宇利大橋から1番近いカフェ「ライスボウルファクトリー」。ハワイアンランチが絶品!

沖縄のなかでも有名なスポット、古宇利島。

CMで有名になったハートロック、絶景のオーシャンタワー、古宇利大橋など、有名なスポットが多く、たくさんの観光のかたが訪れます。

古宇利島

古宇利大橋をわたって島に入るとすぐに、お店がたくさんあり、どこに行こうか迷ってしまうくらい。

今回は、そんなお店たちのなかで、ちょっと素敵なストーリーを持つカフェRICE BOWL FACTORY(ライスボウルファクトリー)」をご紹介します。

テイクアウトもやっていて、ランチにおすすめなメニューもありました!

スポンサーリンク

古宇利大橋をわたって「右折」して!オシャレなDIYカフェ

ライスボウルファクトリーは、古宇利大橋からすぐの「Blue Garden(ブルーガーデン)」敷地内にあるお店です。

カウンター注文方式で気軽に食べられるのが魅力的。

ライスボウルファクトリー店内

店内の様子

お土産スペース

オシャレな内観のステキな店内。
なんとこちら、カフェオーナーさんたちが自分たちでDIYしたお店なのだそう!
すごいいい雰囲気!

古宇利ビーチすぐ

お店は古宇利ビーチまで徒歩圏内
いちばん近いビーチまでは70m。歩いて30秒くらいの距離です。お店のすぐ向こうには海があり、白い砂浜が広がっています。

ビーチ

歩いてみたら、徒歩30秒で砂浜まで着きました。ちなみに今、1月です

海を撮影する人

カフェの駐車場に車をとめて海を撮影する人々も

古宇利大橋もすぐ

古宇利大橋もすぐ見えます

古宇利大橋のところに、こんなステキなお店があったのか!

なんども訪れているのに、ぜんぜん知らなかった

だって古宇利大橋をわたって「右折」なんだもの..

それもそのはず、古宇利大橋をわたって道なりに進むと「左折」になっちゃうんですね。

ライスボウルファクトリーはわたってすぐ、道を「」に進みます。
気づかない人も多いのだとか。

看板

右側を見ると、少し先に「Blue Garden」と書かれた看板が見えます。
こちらにライスボウルファクトリーがあります。

ぜひ右を見てあげてください。

ちなみに駐車場を無料でとめられるようにしているお店。
ですから、島に着いて、とりあえずビーチに行ってみたいときに便利。とても助かります。

実は古宇利大橋をわたって”最速でビーチに飛び込める“お店です

観光島にしてはめずらしく、トイレも着替えも駐車場も無料
シャワーの200円しかかかりません

海の家のような外観は、もともと海の家だったから

お店の外観はこんな感じ。

ライスボウルファクトリー外観

ちょっと「海の家」っぽいですよね。
というのも、実はライスボウルファクトリーは、もともと「ブルーガーデン」という海の家として営業を始めたのだそう。

来る人を喜ばせようといろいろ工夫してきた結果、海の家の敷地内でだんだんとサービスが増えてきて、そのなかのひとつが「ライスボウルファクトリー」なのだとか。

入り口

そんなわけで、お店の入り口を抜けると…。

カウンターがある

ステキなカフェカウンターが。
笑顔でお店のかたが迎えてくれました。

オーナーは同級生3人組

ブルーガーデン中核メンバー

中央が創業者の大西さん。「ライスボウルファクトリー」代表は木村さん(右)。梅本さん(左)はハンバーガーショップ「古宇利島ジャックマニー」代表。海の家1店舗から、現在は敷地内にいくつものお店がある、まさに「ガーデン」へ進化している

お店は3名のかたが中核になって運営されています。

奈良県出身の大西さん、木村さん、大阪府出身の梅本さん。
3人は高校、大学の同級生のつながりで出会った友達なのだそう。

創業者の大西さんが、縁あって古宇利島でお店を立ち上げることになり、大学同級生の梅本さんにつづき、高校同級生である木村さんが加わるかたちで、いっしょに運営することになったのだとか。

ちなみに全員、私、みなみのひげと同い年の1986年生まれ!

なんだか、某番組テ○スハ○スのような爽やかさを感じる..

最初のブルーガーデン(ライスボウルファクトリー店舗)

立ち上げ時の写真

立ち上げ当初の写真を見せていただいたら、なんと最初はコンテナハウスひとつだけ!

ここからスタートし、島の人や友人・知人など多くの人の手助けを借りながら、3人で少しずつお店を拡張。

ブルーガーデン立ち上げ当時のライスボウルファクトリーの外観

現在のお店の写真

今のお店のようなかたちにしてきたそうです。

居酒屋仕込み!?な「ハワイアンフード」がおいしい

さてさて、そんなライスボウルファクトリー。
おすすめはハワイアンフードです!

アヒポキ

例えば、このアヒポキ
沖縄県は実はマグロの産地なので、海ぶどうと合わせて沖縄らしいアヒポキができるんです。

よだれを垂らす

メニューがきたら急に静まる妻ピノ子と息子まめ太。丼ぶりがラーメンサイズくらい大きいことにも注目

これが絶品!
トッピングのアボカドを加え、トロリと卵をかけて食べるアヒポキはたまらない味!

卵をかけて

食べる

なにこれ!?めちゃ美味しい

もうひとつ、わが家が頼んだおすすめのメニューはこちら。

ガーリックシュリンプ

ソフトシェルといってカラごとおいしく食べられる

ガーリックシュリンプとシーフードのライスボウルです。

ソフトシェルシュリンプ

殻(から)ごと食べられるエビはガーリックの風味がきいていて、一口食べると南国気分!
シーフードもおいしいし、彩りもとっても写真映えするのがいいですね。

車で来てなかったらビールを飲んでしまいたい!

ピタヤボウル

ドラゴンフルーツソースがインパクトアリ!

せっかくなのでデザートもハワイアン縛り。
ピタヤボウルをふたりで半分こしました。

ピタヤボウル

シリアル

南国フルーツとシリアルがついついあと引き

すっきりした南国フルーツとザクザクのシリアルがよく合うわ

量的にも、ふたりで分けてちょうど正解だったね

ライスボウルもデザートも、ボリュームたっぷりだね!
カフェの量じゃない笑

ライスボウルファクトリーのメニューは、カフェにしてはランチのボリューム満天です。

よだれを垂らす

もう一度、どんぶりを見てみましょう。ラーメンサイズです

どちらかというと、食堂のそれに近い感じで男性でも大満足な量。もともと海の家だったからでしょうか。サービス満天でかなり幸せな気分になれます

ライスボウルファクトリーのメニュー

もちろんメニューはこれだけではありません。
こんな感じ。

フードメニュー

フードメニュー(2019年1月現在) 拡大

スイーツメニュー

スイーツメニュー(2019年1月現在) 拡大

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー(2019年1月現在) 拡大

ブルーガーデン公式サイト(ライスボウルファクトリー)のメニューページはこちら

ちなみにライスボウルファクトリーはフードメニューをテイクアウトで頼むことができるお店です。

海を見ながら

ハワイアンフードをテイクアウトし(叶うならビールも買いましょう)、ビーチへ持っていき、そして海を見ながら食べるなんてこともできます。(ゴミはポイ捨てせず適切に処分しましょうね)

ジュース

もちろんドリンクのテイクアウトもOK

ビーチでランチを食べるのもいいね!

なんで居酒屋仕込みのハワイアンメニュー?

ハワイアンフード

実は創業者の大西さん、実家が居酒屋さんなので料理の腕には覚えあり。

「でも和食しか作れなくて。最初は本当に海の家のメニュー。”沖縄そば”と”焼きそば”くらいだったんですよ」

そんななかメンバーが増え、木村さんが、居酒屋仕込みの腕とコラボできるメニューを考案します!

「せっかくビーチサイドにお店があるので、ゆったりしに来てくれている人に合うメニューも出してあげたいなと」

それがハワイアンフードだったのです。

アヒポキ

確かにアヒポキって、和食要素ある..

エビ

エビも海鮮だし。ライスボウルも”丼”だもんね

「とりあえず木村がアンチョビとかアボカドとか、オシャレなの使えばいいと思ってるから、”そんなんでうまくいくかー!”とか言いあってたんですけど、まさかのうまいメニューができました笑

ライスボウルは海の家の人気メニューとなり、発案した木村さんが代表となるかたちで、ライスボウルファクトリーのカフェへと進化したわけです。

仲間とのコラボから生まれたカフェなんだ!

すごい素敵〜!

今もやっている新メニューの開発は、いろいろと試行錯誤も多いようですが、3人それぞれの得意分野を生かして楽しみながらおこなっているようです。

楽しそう

すごい楽しそうに運営しているのが印象的

ビーチを楽しむのに便利な「親切サービス」がたくさん!

ライスボウルファクトリーがある、ブルーガーデンの敷地内には食事以外にも嬉しいポイントが。

シャワールーム

もともと海の家として運営を始めたこともあって、駐車場・トイレ・着替え・シャワールームなどの設備が使えます。
シャワーが200円なこと以外、ほかは基本的に無料

シャワー

シャワーは200円。特に時間制限なく使えるそうです。いちばんリーズナブルに使えるんじゃないかしら?

テラス席

また外のテラススペースに席もたっぷりあるので、休憩するにも便利です。

  • 古宇利大橋をわたった!よし!とりあえず海だ!
  • ドライブ中、トイレ休憩にしたい
  • 海で遊ぶのに着替えたい・シャワーを浴びたい

そんなときに、まずは気軽に使ってもらい、古宇利の良さ、ビーチの良さを体感してもらえるように工夫しているのだそうです。

そのあと、よければお店に寄っていただいて、お昼ごはんや飲みものも楽しんでくれたら恩の字。

そういうスタイルで運営しているんですって。

水着で店内に入ってもOK
これは気楽でいいね

観光で来る人にはうれしい親切だなぁ

ハンバーガー専門ショップなどもオープン予定

「ブルーガーデン」の名前は、創業者の大西さんが古宇利島に抱いた最初の印象、「なんてブルーが映える場所なんだ」という思いと、木村さんが「このお店をみんなが集う庭(ガーデン)のような場所にしたい」という思いを合わせて作ったそうです。

その名前の通り、海の家の「お店」から、青い海のそばで多くの人が集う「場所」に、今も少しずつ進化しているようです。

敷地内には現在、ハンバーガー専門ショップ「古宇利島ジャックマニー」が準備されており、近日、営業を始める予定なのだとか。

ハンバーガーのお店

ハンバーガーショップ「古宇利島ジャックマニー」も当然のようにセルフビルド

素材を生かしたジェラート

素材を生かしたジェラートもなんと自家製!マンゴー・ラムピスタチオ・黒糖チョコレートなど、現在6種類

ジェラートも自家製で作っていて、こちらも専門店にして気軽に購入できるようにする予定だそう。

また、お隣には天然石のブレスレットが人気な手作りハンドメイドのお店も。

ブレスレットショップ

ブレスレットショップ「古宇利島ビーチサイド」

天然石のブレスレット

古宇利島は”恋の島”。この天然石のブレスレットは、訪れた人にとても人気なのだとか

店員さん

ブレスレットショップのオーナーさんも笑顔で迎えてくださいます

お互いに連携して、少しずつ人々が集う場所ができているんですね。

なんだか応援したくなる、素敵なお店でした。

インスタグラムもやっているそうです

運営メンバーやお客さんの楽しい様子が掲載されてますよ〜!

古宇利島へ行った際はぜひ「右折」して、立ち寄ってみてくださいね。

スポンサーリンク

スポット情報

名称RICE BOWL FACTORY(ライスボウルファクトリー)
住所沖縄県 国頭郡 今帰仁村 古宇利島 348-1
アクセス古宇利大橋を渡りきったところを右折すぐ(Blue Gardenの看板が目印)
営業時間11:00 – SUNSET
定休日年中無休(臨時休業あり)
電話番号0980-561-666
URLhttp://kourijima-blue.garden/
食べログ-
予約サイト-
駐車場あり 24台
料金アヒポキライスボウル ¥1300, ガーリックシュリンプライスボウル ¥1300, ピタヤボウル ¥1000
設備駐車場・トイレ・更衣室は無料利用可。シャワーは200円 時間制限なし。

地図