波照間島 ニシ浜

【Beautiful Blue】南の果て、奇跡のブルー「波照間島 ニシ浜」

スポンサーリンク

沖縄県、最高峰の「青」に会いに

日本の最南端に位置する島、波照間島。

「果てのうるま(サンゴの島)」と呼ばれる小さな島には、ハテルマブルーの名前がつく、非常に美しい海があります。

波照間ブルー

特別な青色を放つ海は、沖縄でも最高峰と言える素晴らしさ。

そんな波照間島、ニシ浜へ足を伸ばしてみました。

日本の最南端、波照間島

波照間島は、日本の最南端。

同じ沖縄といえども、沖縄本島からは直線距離で450km以上も離れており、沖縄本島よりも台湾の方が近いです。

石垣島から離島行きの高速フェリーに乗り継ぎ1時間。大きな波に揺られながら進み、たどり着く美しい島です。

光を放つような、美しい海の色合い

波照間港から近い、「ニシ浜」。坂を下りビーチへ降りる時、多くの人々が歓声をあげます。

坂道の向こうの海

思わず自転車を止める人々。

晴天と海

そこには、沖縄のどこでも見ることのできない美しい海があります。まるで、海の青がみずから光を放っているかのような色合い。

なにか特別な予感が、私たち旅行者を包みます。

ビーチの様子

植物の向こうに海

美しいエメラルド色

透明な波とその向こうの青

シュノーケリングをする人々

奇跡のブルー

ゆっくりとすぎる時間

自転車を止めてみる海

地元の人にも愛されている

地元の子供達

海で泳ごうとする人

「楽園」という言葉が似合う色合いの景色たち。

島の優しい雰囲気とともに、ニシ浜にゆったりとした時間が流れます。

目に焼きついた美しいニシ浜の景色

「離島の海はまた格別だ」、本島に住む方の多くが、そう言っていた意味がよくわかります。

リーフや岩礁、赤土が混じった本島の海の色合いと、真っ白なサンゴ砂がほとんどの波照間島の海の色合いは、やはり別物。離島特有の南洋らしい目がさめるような青色に、一時、時間を忘れカメラのシャッターを切りました。

いままでみた海で、一番きれいでした

沖縄移住してもうじき2年。
沖縄で色んな海をみてきたつもりでいましたが、海が自ら光を放っているように感じたのは、初めてです。

“ハテルマブルー”は、ここ波照間島でしか見れません。ニシ浜は、素晴らしい海でした。

こちらの記事も合わせてどうぞ