×閉じる
みなみのひげのレポート

波照間島、ニシ浜。日本最南端の島は、海の色合いも格別でした

石垣島から高速フェリーで1時間。

まさに「どんぶらこ」がふさわしい大きな波(船酔い注意)に揺られ、やってきました波照間島

波照間島のニシ浜というビーチが、とんでもなくキレイな場所だったので紹介します。

スポンサーリンク

美しすぎて日本とは思えない海

見たほうが早いです。どん!

波照間ブルー

ここはフィジーかどこかでしょうか、と、思わず口に出してしまいそうな海。離島の海はキレイとは言いますが、ここまでキレイだとは..。感動です。

自転車が坂の途中で止まるワケ

ニシ浜は、波照間港から近くにあります。

島内の民宿から頑張れば歩いても行けますが、多くの場合はレンタル自転車で行くことになると思います。

自転車で向かっった人々が、まず、立ち止まるのが浜に降りる手前、坂の途中

なぜか。

それは海が美しすぎるから。

坂道の向こうの海

思わず自転車を止める人々。

晴天と海

真っ青な空と海。しかも、海の色がエメラルドに光り輝いています。

息を飲むとはまさにこのことです。

坂を下りてる人々のほとんどが「うわー!何これ!キレイー!」と、歓声をあげながら、自転車のブレーキをキィキィといわせ、手前で1回止まります。

ビーチが南国らしすぎて信じたくない

ビーチの砂は真っ白な珊瑚砂。海はエメラルド色。空は青く、風は熱く心地よい。

透明な波とその向こうの青

ニシ浜

よくイメージ画像とかで見かける南国の写真、まさにそのまんまの海。

特に海の色がキレイすぎて、逆に信じたくないくらいの気分になります。

「いやぁ広告とかでお目にかけますけど、本当にあるんですねー、こういう海」と、よくわからない独り言が出てしまいました。

海で泳ごうとする人

植物の向こうに海

奇跡のブルー

シュノーケリングをする人々

地元の子供達

しばし夢中になって写真を撮りました。
どこを撮っても楽園カラー。いやはやすごい!素晴らしすぎます!ニシ浜バンザーイ!

トイレ・更衣室・シャワーあり

ニシ浜にはトイレや更衣室などの設備もあります。公共設備として運営されているので無料です。

更衣室・トイレ

こちらの建物。

トイレ入り口

トイレも男女ちゃんと分かれています。

シャワー&更衣室

シャワー&更衣室。ちょっと黒いのが気になりますが、公共設備ですので許容すべきですね、はい。ちなみに島では、真水を造るのに結構コストがかかるようです。節水にご協力くださいませ。

休憩場所

ビーチのすぐ近くに休憩場所もあります。暑かったらこちらで日陰に入りましょう。

シュノーケリングにも抜群

砂地が多く、比較的、遠浅なニシ浜。初心者な私たちでもシュノーケリングがしやすい場所でした。

ちゃぷんと海へ
シュノーケリングしてみます。

海の透明度がすごい

海の透明度が高いので、辺りを見渡せます。

泳ぐピノ子さん

泳ぎが得意ではないピノ子さんも、楽に泳げる水深。

白い魚がいた

あ!魚が!

魚が結構泳いでいる

白い砂地に、白い魚たちが。絵になりますねー。

魚もいる

しかも、魚たちが人慣れしているのか、近くまで寄っても逃げません。

おかげでたくさん写真が撮れました。

夕暮れ時のビーチで、ビール片手に涼む

ニシ浜近くに宿を予約した方は、夕暮れ時にニシ浜を訪れるのもオススメです。売店などで、缶ビールを手に入れて、夕涼みなんて最高ですよ。

夕暮れもキレイ

夕暮れ時の景色、非常にキレイです。
暑さも和らいでくるので、心地よさは夕方の方がいいかもしれません。

オリオンビール

では、失礼して、いただきます。

雲がでかい!

南の地域の入道雲はとっても大きいです。雄大な空。

あたりはゆっくりと暮れていきます。

カップル発見

目の前のカップルが、絵になること絵になること。

絶景すぎてプロポーズするんじゃないかと無闇にソワソワしながら、私たちは夜まで涼みましたとさ。
(もちろん後ろにソワソワしてる夫婦がいる状況で、プロポーズなんてしません)

あたりにゴミ箱がないようですので、ゴミは各自で持ち帰りましょう。

船酔いを乗り越えてでも行くべき

三半規管が弱いのか、船酔いをすぐする私

波照間島への航路は波が強く、船が揺れまくるのですが、波照間島のニシ浜へは是非ともまた行きたいと思いました!

このキレイな海にハマって、波照間島へ10回、20回、何度も足を運ぶ方もいるそうです。その気持ち、非常によくわかりました。それほど、素晴らしい海です。

石垣島から波照間島へフェリーで行く方法はこちら

【Beautiful Blue】南の果て、奇跡のブルー「波照間島 ニシ浜」 | ODAY
日本の最南端に位置する島、波照間島。「果てのうるま(サンゴの島)」と呼ばれる小さな島には、ハテルマブルーの名前がつく、非常に美しい海があります。特別な青色を放つ海は、沖縄でも最高峰と言える素晴らしさ。そんな波照間島、ニシ浜へ足を伸ばしてみました。
スポンサーリンク

スポット情報

名称 ニシ浜
住所 沖縄県八重山郡竹富町波照間
アクセス 旅客ターミナルから徒歩10分
営業時間 -
定休日 -
電話番号 0980-82-5445
URL https://goo.gl/maps/mWDASoCg6rR2
予約サイト -
駐車場 あり
料金 -
設備 トイレ・シャワーあり

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事