みなみのひげのレポート

沖縄北部の古民家カフェ「喜色(きいろ)」でゆったり時間。屋我地の旬の野菜たちに舌鼓

著者情報
みなみのひげ
みなみのひげ
沖縄でニット帽をかぶるヒゲの人。海をボーッとみてるだけで2時間はいける。

大学時代の友人が家族で沖縄旅行に来たので、久しぶりに会うことに。

沖縄の北部、屋我地島にある「古民家Cafe喜色」で、ちょっとのんびりしながらランチして来ました。
友人と久しぶりに話せてよかったですし、カフェもとっても素敵でした。

沖縄でゆったりとした時間を過ごしたい方にはおすすめです。

スポンサーリンク

沖縄北部の屋我地島にある古民家カフェ

「古民家Cafe喜色」は、築は90年以上になる古民家を利用したカフェです。

建物も、お庭もとてもキレイに手入れされており、島の古い琉球家屋の雰囲気を感じつつも、カフェとしても快適に過ごせます。

古民家cafe喜色

シーサー

▲屋根には沖縄の守り神シーサーがいます

時間がここだけのんびりしているような。

Cafe喜色のある集落内は、琉球家屋が多くのこる昔ながらの沖縄の雰囲気を残していて、訪れるとなんだか気持ちがゆったりしてきます。

テーブル席

喜色の内観

窓から見た庭

喜色の内観

ちなみに座敷の席もあります。私たちは子ども連れだったのでそこにしました。
(座敷席の写真を取り損ねてしまった..)

座敷席は個室になっていて、大人6名くらい座れそうな感じでした。

島の素材をつかったランチメニューがおいしい

Cafe喜色は、島でとれる旬の野菜をつかった料理たちがとってもおいしいです。

カフェ喜色のメニューはこんな感じ(2018年7月現在)。

フードメニュー

ドリンクメニュー

デザート・スイーツ

私たちが頼んだ「喜色御膳」は、重箱におかずたちがキレイに詰められていました。

喜色御膳

▲私たちが頼んだ「喜色御膳(1300円)」※2018年7月時点

「さとうきびごはん」や「ゴーヤ、なすの天ぷら」、「パパイヤの炒めもの」など、島で郷土料理として食べられる品々。

喜色御膳

喜色御膳

喜色御膳

喜色御膳の汁もの

汁ものもついてきました。
ふわっとしたたまごかな?こちらもおいしかったです。

見た目も品がいいし、本当に料理たちがおいしい。カフェだけど、これを食べにまた行きたいな、と思えるくらいでした。

子どもたちに追われながらですが、お腹もまんぷくで、ゆっくり話もできていいランチタイムになりました。最後はせっかくなので思い出写真も。

喜色で記念撮影

▲久々にあったので、みんなで記念撮影。沖縄っぽい思い出写真が撮れました

お互い、結婚して家族ができて、沖縄でゆったり話をしながらごはんを食べるなんて、大学時代では想像もしなかったですね。時の流れって本当に早いものです。

さとうきびごはんは子どもたちにも好評でした

さとうきびごはん

▲写真右、さとうきびごはん。モチっとした食感でおいしいです

喜色御膳に入っていた「さとうきびごはん」、もちもち感があったからか、子どもたちに好評でした。

さとうきびごはんは、さとうきびの発酵成分を混ぜたごはんで、さとうきびといっても甘くならないです。食感がモチっとしておいしくなってました。

さとうきびごはんのもと

店頭でさとうきびごはんの素も売っていて、友人家族は買って帰っていました。

スポンサーリンク

スポット情報

名称 古民家cafe喜色
住所 沖縄県名護市饒平名19
アクセス 古宇利島から車で15分程度
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜日
電話番号 0980-52-8126
URL https://www.facebook.com/kominnka.cafe.kiiro/
食べログ 食べログのお店情報
駐車場 あり
料金 喜色御膳 ¥1300、ゆし豆腐セット ¥850 など
設備 琉球古民家、個室座敷席(6名程度)あり

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

スポンサーリンク