伊江島でできるアクティビティまとめ!ダイビングから島の農業体験、タッチューの絶景など

いかだつり体験

伊江島のブロガーツアーにご招待をうけて、島のアクティビティ情報を教えてもらいました!

伊江島は沖縄のなかでも珍しい離島で、なんと夏場がオフシーズンの島!修学旅行の受け入れがメインなので、春秋が観光業の最盛期なのだとか。

きれいなビーチ

でも沖縄の他の離島と同じように、透明度が高くサンゴの豊富な離島らしい海と、ゆったりとした島の雰囲気があり、まさに穴場の離島!

そんな伊江島でできるアクティビティをまとめてみました。
旅行の際の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

伊江島でできるアクティビティまとめ

ダイビング・シュノーケリング

伊江島は美ら海水族館のある本部半島の向かいにある島です。

このあたりの海域は「ラグーン(礁湖)」と呼ばれるサンゴが豊富なエリア。南の島らしいクリアな海と、溢れるほど多彩な海の生きものたちがあなたを迎えてくれることでしょう。

関連美ら海水族館すぐ「エメラルドビーチ」。礁湖(ラグーン)内の貴重なビーチ

ダイビングは初心者向けの体験もありますので、挑戦してみるのも良いかもしれません。
手軽にシュノーケリングでも、島の海の素晴らしさを実感することができますよ。

タッチュー山のプチトレッキング

伊江島タッチュー

島のシンボルでもある城山(ぐすくやま)は、沖縄の人々から「タッチュー」の愛称で呼ばれています。島でみると非常に大きな山ですが、大人の足なら15分程度で登頂できる、手軽なトレッキングスポットでもあります。

しかし、絶景はものすごいです!
晴れた日は360度、沖縄の美しい水平線を見渡せます。沖縄本島の島影を見渡すのも、最高に爽快です。

タッチュー頂上からの景色

島に滞在中にぜったい一度は登りましょう。

関連タッチューで15分登山。頂上にはパノラマ絶景が

島の畑で農業体験

農業体験

現在、島で流行りだしている「FAM Trip」という農業体験のアクティビティー。

亜熱帯の島で育つさまざまな野菜を、現業の農家さんたちの協力を得て、収穫したり、味わったりすることができます。

  • 島らっきょうの収穫
  • 紅芋で焼き芋づくり
  • パクチー収穫体験

などなど。

島らっきょうの収穫

島の農家さんから色々なお話を聞けたり、その場で採りたて島野菜を味見することもできたり、ゆったり楽しめますよ。

製塩体験

また、農業ではないですが「製塩」を体験することもでき、沖縄でも高級ラインである伊江島の塩を実際に作ってみることができたりもします。

ポイント

農業体験は、時期や受け入れ状況によって内容が変わることがあります。どんな野菜で体験できるか楽しみにしていてください。

浜で追いこみ漁体験

追い込み漁の様子

島の漁師さんの協力のもと、みんなで網をはって追い込み漁をすることができます!
浜は思ったよりも深くて、最初は戸惑いますがライフジャケット完備なので安心。最初にレクチャーもあります。

魚が大漁だとみんな大興奮

亜熱帯らしい色とりどりの魚たちが網にかかっているのを見たら、大人も子どもも大興奮すること間違いなし!

ハーバリウムづくり

ハーバリウム作品

▲実際に参加者が作ったハーバリウム作品

植物をオイルで浸して保存し、美しくかざる「ハーバリウム」。これを作る体験も島でおこなっています。

ハーバリウム作りは意外と奥が深く、島の静かな時間のなかでじっくりと創作にいそしむことができますよ。

夜光貝アクセサリー作り

磨く

伊江島の海でとれた天然の「夜光貝」の貝殻をみがいて、素敵なアクセサリーを作ることができる体験です。

夜光貝

いろいろなかたちの貝殻があるので、好きなものをひとつだけ磨いて、ピカピカに仕上げます。

アクセサリー完成品の例

しっかり磨くと、驚くほどの輝きが!
島の漁師さんが実際に海でとってきている貝なので、本当に伊江島産。島を訪れた記念になります。

乗馬体験

浜辺で乗馬

伊江島では乗馬体験もできますよ。

乗馬体験

手ほどき、サポートもありますので、小学生でものることができます。
馬はとっても美しい動物。島の浜辺をパッカパッカとゆったり歩けば、とっても爽やかな気分になれます。

いかだ釣り

いかだ釣り

初心者でも、お魚がさわれなくてもOKな「いかだ釣り体験」は、初めてでも釣れるのでファミリーにおすすめなアクティビティ。

釣具の使い方はサポートしてくれますし、釣れた魚はスタッフさんが外してくれます。

いかだつり体験

さすが島、魚がいっぱい生息しているので、たくさん釣れます
釣れたお魚を、その場で解説してもらえるのも楽しいですよ。

ホエールウォッチング

クジラが跳ねる

沖縄の冬場限定のアクティビティがホエールウォッチング!子育てのため、慶良間諸島へむけて東シナ海を渡っていく「ザトウクジラ」たちを観察できます。

その大きさは人生観がかわるほど。

出会ったときの壮大な感動はものすごくて、クジラを初めてみて涙する人も多いんですよ。
運が良ければ、おどけてジャンプするクジラも見られたりします。

関連沖縄の冬の楽しみ方「ホエールウォッチング」- クジラは本当にみえるのか?

民泊

せっかく島にきたのだから、どっぷりと島の生活を体験してみましょう。伊江島に住んでいらっしゃるかたのお家に泊めてもらえる「民泊」ができますよ。

民泊の家

沖縄らしいコンクリート造りの住宅で過ごすことができる

さまざまな受け入れホストさんがいますが、お家に泊めていただくと、とても親身に接してくださいます。伊江島の過ごしかたも島人らしい情報を教えてもらえますよ。

子どもを見てもらえた

わが子を島のおばあに遊んでもらったり..

記念写真

滞在の最終日までには、民泊ホストのかたと家族や友達のように仲良くなり、伊江島のことが大好きになれます。

以上、伊江島でできるアクティビティでした!

ご興味のわく体験はありましたか?

アクティビティのご相談は観光協会へお気軽に

民泊、農業体験、追い込み漁体験など、島の人々との関わりをもてるようなアクティビティは、伊江島の観光協会がとりもっています。
(ちなみに観光協会はフェリー港の目の前にある建物にあります。旅行中にアクティビティに悩んだら相談してみるのも良いでしょう)

島の事情や、時期によっては調整が必要な場合もありますので、まずはお気軽に問い合わせをしてみてくださいね。

「ODAY(オーデイ)で見た、こういう体験をやってみたいのだけど…」 とリクエストしてみると、良いツアーを紹介してくださいますよー!

素敵な伊江島旅行をお過ごしください!

伊江島観光協会ウェブサイト

島に滞在するかたへ・・・どの離島も少ない人員、施設、資源で、貴重な自然・文化を守りつつ観光促進し、かつ自らの生活も営む大変さがあります。そんな島の人々の負担をやわらげるために、観光の人でも島の一員としてできることがあります。『ゴミを捨てない・自然を守る・騒がない』など、マナー向上にご協力を。