招待コードあり上質な宿泊予約サイト「Relux」

超絶叫スライダーもあり!カヌチャリゾートのプール・ビーチで夏を満喫してきた

カヌチャのビーチ・プール

8月上旬に、 カヌチャベイホテル&ヴィラズ に宿泊してきました。

このページでは、カヌチャのプール・ビーチで遊んできた体験をまとめています。

カヌチャプール・ビーチの特徴

  • プールは全部で3種類(子どもプールもあり)
  • ビーチアトラクションが豊富。0歳〜から遊べる!
  • 高さ9mの大迫力のスライダー
  • ナイトプールやプールBarで大人の時間(夏限定)

生後9ヶ月の息子を連れて、家族3人で行ってきました!

カヌチャ全体の宿泊レポートを知りたいかたは、「カヌチャベイホテル&ヴィラズはテーマパークのようなホテルだった」からお読みください。

スポンサーリンク

水深50cm。0歳児も子どもプールでプカプカ遊べる

カヌチャのプールは全部で3つあるのですが、わたしたちは0歳の息子がいたので、子ども用プールがある「ビーチサイドプール」へ。

カヌチャのビーチサイドプール

ビーチサイドプールには2種類あって、大人用は水深120cm。

ビーチサイドプール

子ども用のプールは、水深50cm。

子どもが立てる深さ

9ヶ月の息子でも立てる深さになっているので、遊ばせやすかったです。(腕の浮き輪は無料でレンタルできました)

水中で歩く練習

今回がプールデビューの息子。

泣くかと思いきや、プカプカ楽しそう!

滝のプール

ちょっとした滝?に子どもたちが群がっていました。

ビーチレンタルの料金

浮き輪は持ち込むこともできますし、レンタルもできます。
料金は1日1,000円。

ちなみにプールサイドのパラソルは無料ですが、ビーチサイドのパラソルは有料(1日1,000〜2,000円)になります。

息子プール中に眠る

さてさて、息子はというと。
30分ほど遊んだところで、プールで爆睡しだしました。

この日はプールが温泉みたいに温かく、すっかりリラックスして寝ちゃったみたいです。

気持ち良さそう

タオルはレンタルできる

タオルをレンタルできる

受付で部屋番号を伝えると、タオルをレンタルできます。

更衣室兼シャワー室が男女それぞれ4箇所ほど。
8月上旬の日曜日に利用しましたが、さほど混雑していなくて待ち時間もなく使うことができました。

更衣室も比較的キレイでした!

プールのすぐ隣が真っ白な砂浜のビーチ

ビーチへのいきかた

ビーチサイドプールのすぐ隣には、ビーチが。

カヌチャのビーチ

ここで海水浴を楽しんでいるお子さんも多かったです。

ただ、プールにもいえることがですが、日陰が少ないので熱中症や日焼けには注意しましょう。
しっかり対策してから行くことをおすすめします。

(さきほどもお伝えしたようにパラソルは有料なので、ビーチサイドは本当に日陰が少ないです)

ビーチアトラクションで1日遊び放題!(0歳から遊べる)

水上アトラクションパーク(6歳〜)

カヌチャのビーチアトラクション

カヌチャビーチの最大の魅力は、ビーチアトラクションが豊富なことです。

料金は別途必要になってしまうのですが、8mの高さから滑るスライダー水上のジャングルジムトランポリンなど、大人も1日楽しめるくらいの充実っぷり。

年齢は6歳〜。
小学生以上のお子さんがいるかたは、ここで遊ばせていたらきっと1日中遊んでくれると思います。

ウォーターキッズガーデン(0歳〜)

カヌチャのキッズプール

Hotels.comより引用

わたしがカヌチャリゾートを選んだ理由は、このウォーターキッズガーデン。

なんと年齢制限がなく、0歳から遊ばせることができるんです!

ただ…今回は息子が寝てしまって遊べなかったです。残念。

シーソーのようにゆらゆら遊べる遊具だったり、ハムスター気分になれるものもあります。

あぁ、息子をここで遊ばせてみたかった…

高さ9mの高速スライダー(6歳〜)

カヌチャのスライダー

ひときわ存在感をはなっていた、ビッグマウンテンスライダー。
高さは恐ろしいことに9メートル。

地上からみているだけでも怖さが伝わってくるほど、高いです。

でも、子どもたちはワイワイ滑っていました。

子どもの好奇心、すごいな

アトラクションの料金

アトラクションは3つとも、別料金です。
(宿泊の有無・時期によって料金は異なります。)

  • カヌチャオーシャンパーク 大人2,500円~/小人 2,000円~
  • ウォーターキッズガーデン 1,300円〜
  • ビッグマウンテンスライダー 1,300円〜

夜の雰囲気がいい「ガーデンプール」

カヌチャリゾートには、もう1つ宿泊ゲストが無料で利用できるプールがあります。

ガーデンプール

それがこのガーデンプール。

バーのプール

▲ 日中だったのでBarの店員さんはいませんでした

ここは夏限定でナイトプールをやっていたり、Barになります。

日陰のプール

「日に焼けたくない」というかたは、ちょっとした屋根付きのスペースもありますよ。

冬や雨の日は「インドア(室内)プール」がおすすめ

カヌチャのインドアプール

次は冬や雨の日におすすめの、インドアプール。

25メートル(水深90〜100cm)のプールになっているので、泳ぐ練習をするにももってこいですね。

ただし、こちらは有料なんですよね…。

わたしたちは宿泊プランについていたので入ることができましたが、ちょっと割高かも。

ハンモックのプール

ただ晴れ間はみんな外のプールにいるので、のんびりプールに入りたいかたにおすすめです。

ハンモックでまった〜りっていうのもできます。

空いていて穴場っぽかったです。

インドアプールの料金
宿泊ゲスト:大人 1,500円/小人 500円
ビジター:大人 3,000円/小人 1,000円

カヌチャは0歳から楽しめるプール&アトラクションが魅力

カヌチャリゾートのプールをいろいろ紹介しましたが、まとめると・・・

「0歳の子ども連れでも楽しめるプールがある!」っていうのが個人的におすすめポイントです

やっぱりせっかくなら子どもと一緒に楽しみたいじゃないですか。

水着用のオムツ

ちなみにまだオムツが外れていない場合は、水あそび用のオムツを履かせる必要があるのでお忘れなく!

小学生や中学生くらいの子どもたちもめいっぱい楽しめるアトラクションがあるので、家族で沖縄旅行に来た際は、カヌチャベイホテル&ヴィラズのプールを遊び尽くすのもいいものですよ!

カヌチャに泊まれる旅行ツアーをみる

200万人に愛される宿泊予約サービス

一流ホテル・旅館のみを掲載している宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」。

意外と知らない人が多いですが、全国200万人の会員がいる有名なサイトです。

100項目にもおよぶ、Reluxの審査委員による厳しい審査を通しているので、このサイトからホテルを選べば、よほどのことがない限り、ホテル選びで失敗はありません。

Reluxの特長

  • どこよりもお得!(最低価格保証
  • 5%のポイント還元(業界トップ!
  • 旅行相談コンシェルジュを無料で利用できる

Reluxの無料会員になることによって、上質なホテルも会員だけの限定価格プランで予約できます。

わたしの招待コードを入力すると10%オフになります。ご活用ください

紹介コード

IP_LRCE4

↑スマホでは長押しでコピーしてください

この紹介コードは、アプリからのみ有効のキャンペーンです。 お気をつけください!

紹介コードの入力方法

アプリを開き、
【マイページ】→【ポイント/クーポン】→【Reluxクーポン/招待コードの登録】から入力できます。

会員登録済みのかたも使えます

招待コードを使ったことがなければ、すでに会員登録をしているかたも、招待コードを入力して10%オフクーポンをもらえます。

Reluxアプリをダウンロードする

より詳しくReluxについて知りたいかたは、「上質な宿泊予約を。Relux(リラックス)で消耗しないホテル選び」をお読みください。

スポンサーリンク

スポット情報

名称カヌチャベイホテル&ヴィラズ
住所沖縄県名護市字安部156-2
アクセスわんさか大浦パークから車で約10分
営業時間-
定休日-
電話番号0980-55-8880
URLhttps://www.kanucha.jp/
予約Hotels.com をみる
駐車場あり
料金1泊13,000円〜
設備ゴルフ場・プールあり

地図

カヌチャに泊まれるツアーをみる
シェアする
閉じる