ピノ子のレポート

カヌチャベイホテル&ヴィラズのオーキッドに宿泊。フローリングで赤ちゃんも安心な客室でした

カヌチャの客室紹介

8月上旬に、カヌチャベイホテル&ヴィラズに生後9ヶ月の息子を連れて、家族3人で宿泊してきました。

このページでは、カヌチャの客室「オーキッド」に宿泊した体験談をまとめています。

宿泊を検討中のかたは、部屋選びの参考にしてくださいね!

宿泊レポートを知りたいかたは、「0歳の子連れでも楽しめる!カヌチャベイホテル&ヴィラズはテーマパークのようなホテルだった」からお読みください。

カヌチャベイホテルの客室をザッとご紹介

  • 好みのリゾートステイを実現できる9つの宿泊棟
  • すべての部屋が50㎡以上
  • 全室フローリング。ハイハイの赤ちゃんでも安心
  • ジェットバス付きの客室もあり
  • トイレ・浴室が別々で快適
カヌチャのオーキッド客室

カヌチャベイホテル&ヴィラズ

1泊 13,000円〜

スポンサーリンク

カヌチャリゾートは9つも宿泊棟がある

カヌチャベイホテルの宿泊口コミ

カヌチャの敷地は東京ドームの約60個分だけあって、とてつもなく広いです。

宿泊棟が敷地内のいろんなところに点在していて、泊まる部屋によっても景色や過ごし方が変わってきます。

「どんな客室があるのかな?」と気になるかたは、公式ホームページで確認してみてくださいね。

ジェットバス付きの「オーキッド」に宿泊

赤ちゃんも泊まりやすいホテル

わたしたちが宿泊したのは、オーキッドというお部屋です。

もともとスタンダードツインの予約でしたが、ランクアップしてくださったようで・・・

ジェットバス付きの部屋

なんとジェットバス付きのお部屋に!

なんて贅沢な!

まさかそんな計らいをしていただけるなんて、ラッキーでした。

全室フローリングで赤ちゃんも安心

カヌチャのオーキッド客室

わたしがホテル(部屋)選びで気になったのは、フローリングかどうか。

まだ息子が9か月でハイハイなので、土足の部屋は厳しいなって思っていました。

土足の部屋でハイハイさせるのは衛生的に避けたい。
だからといって、ずっとハイハイしないように抱っこしてるわけにもいかないしなぁ…

そのため、フローリングかどうかはとても重要なポイントでした。

カヌチャのホテルは全室フローリング

その点、カヌチャは全室フローリング

どの部屋になろうとフローリングが確約していたので、安心して予約できました。

息子が自由にハイハイしている姿をみて、「フローリングのホテルを選んでよかった」と改めて思いました

広々とした客室。わが家と同じ広さだった…

オーキッドの客室は50平米

こちらがオーキッドの客室です。

セミダブルベッド2つに、ソファが2つ。

水着に着替えて準備完了

▲ なぜかポーズをとる夫と息子

ソファは外国サイズと思われるほど大きく、高さもあります。

こんな大きな家具を置いても窮屈に感じないのは、部屋が50平米もあるからなんですよね。

わが家も3DKで50平米だったような…
うちの3室を1部屋にしていると思うと、贅沢使い!

事前に「赤ちゃん連れ」と伝えておくと当日ラクチン

ネット予約したあとに、事前に電話で「赤ちゃん連れなのでベッドをくっつけたいです」と伝えておきました。

ベビーガード付きのベッド

当日は、ベビーガードを設置しておいてくれましたよ。

ただ、正直、このベビーガードって…
意味あるのかな?

赤ちゃん連れにベッドをくっつけている

うちの子は寝相が悪く、ベビーガードだけでは転げ落ちそうだったので、寝るときは両端に親が。
さらに、足元側はソファの背をくっつけて寝ました。

ベビーカー

ちなみにベビーベッドやベビーカーのレンタルも可能です。
必要なかたは電話で一緒に伝えておくと確保しておいてくれますよ。

オーキッド客室の設備

ここからはオーキッドの設備をざざっと紹介していきますね。

テレビ・冷蔵庫・WiFiなど

テレビ・テーブル

部屋の隅っこに、テーブルとテレビなどがまとまっています。

ルームウェア

引き出しにはバスローブが2種類。
ジェットバスのときに羽織るようなバスローブとルームウェアがありました。

ウェルカムドリンク

こちらはドリンクコーナー。
ミネラルウォーターは無料で、それ以外は有料です。

かぬちゃの泡盛

ちょっと惹かれたのが、この泡盛。
「かぬちゃ」というホテル名が書かれた限定古酒なんです。

結局、飲む前に遊び疲れて寝ちゃいました。

金庫と虫対策

クローゼットのなかには金庫と虫対策のグッズが。

ほかにも冷蔵庫やWiFiなど、ホテルによく設備は一通り揃っていました。

洗面所(アメニティ)

カヌチャの洗面所

続いて、廊下に出て、洗面所へ。

洗面所も雰囲気を壊すことなく、南国リゾート感があります。

アメニティが充実している

こちらはアニメティスペース。

アメニティの充実っぷりに感心しました!

とくによかった3つを紹介しますね。

ローションアメニティ

お泊まりスキンケアセット。
クレンジングゲル・ローション・クリームの3つが入っていて、自分で持っていく必要がないほどでした。

ソーイングセット

こちらは、ソーイングキット。

旅行中にボタンが外れてしまっても直せるってスゴいですよね。
なんて用意周到なんだ。

赤ちゃん用のアメニティ

こちらは子ども連れのかた限定で、ベビーソープと歯ブラシをチェックイン時にもらえました。

アメニティはほかにも下記がありました。

  • ブラシ
  • クシ
  • コットン・髪ゴム
  • カミソリ
  • 歯ブラシ
  • 黒蜜せっけん

こんなに充実していたら、手ぶらでもいいくらいですね

ドライヤー

もちろんドライヤーや(風量も気にならず)、

タオル・足拭きマット

タオル・足拭きマットもありますよ。

高級感があるお風呂

高級感のあるお風呂

続いて、浴室。

ホテルのお風呂ってユニットバスも多いなか、カヌチャはとてもしっかりしています。

トイレとは別ですし、広い!

高級感があって、ちょっとした大浴場に来た気分になっちゃいました。

トイレ

トイレ

こちらはトイレ(ウォシュレット付き)。

手洗い場付きのトイレ

手洗い場がついているので、洗面所が使用中でも気にしないでいいのは地味にうれしいポイントですね。

ジェットバスで優雅に朝風呂

ジェットバス付きのオーキッド

朝の楽しみにとっておいた、ジェットバス。

朝食を食べにいく前に、入ることにしました。

オーシャンビューのジェットバス

お湯をいれて・・・

ジェットバス付きの部屋

ボタンを押せば、ボコボコと泡が!!

おぉー!

オーキッドのジェットバス

なんだこの贅沢は。

朝から子どもと一緒にジェットバス。
しかも海を見ながら・・・

バカンスとはこのことですね。

沖縄のリゾートをつめ込んだ部屋でした

オーシャンビューの景色

室内はフローリングで、ベッドも広々。
デッキにはジェットバスが付いていて、部屋からの眺めはヤシの木に、ハイビスカス。そして、海。

リゾートホテルの客室に欲しいものをすべてつめ込んだような部屋でした。

カヌチャベイホテル&ヴィラズの宿泊があまりに楽しかったので、絶対また泊まりに来ます!

カヌチャのオーキッド客室

カヌチャベイホテル&ヴィラズ

1泊 13,000円〜

スポンサーリンク

スポット情報

名称 カヌチャベイホテル&ヴィラズ
住所 沖縄県名護市字安部156-2
アクセス わんさか大浦パークから車で約10分
営業時間 -
定休日 -
電話番号 0980-55-8880
URL https://www.kanucha.jp/
クチコミ https://jp.hotels.com/ho406618/
駐車場 あり
料金 1泊13,000円〜
設備 ゴルフ場・プールあり

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

スポンサーリンク