×閉じる
みなみのひげのレポート

やんばるの果てに佇む、海辺のカフェ「カフェ水母(くらげ)」

沖縄本島の北端にある村、国頭村。
那覇空港から車で2時間半以上、やんばると呼ばれる亜熱帯の森が続く、自然の村です。

今回訪れたのは、そんな自然の森の先にあるカフェ。
国道58号線からだと、最北端の辺戸岬を海と緑との間にポツリと佇むようなお店です。

カフェの前のガーデンに畑

名前は「カフェ水母(くらげ)」。

スポンサーリンク 沖縄のレンタカーを比較して「たびらいレンタカー」で最安値予約

本の世界で出会うような素敵なカフェ

曇りの日は不思議な雰囲気

カフェ水母へは、友人グループと、奥やんばるの里に泊まったときのランチに行きました。

目の前の海(楚洲のビーチ)

この日は曇りと小雨。

曇りのカフェ水母

カフェ水母

あまり良いお天気ではありませんでしたが、かえって不思議な空気感のカフェを楽しむことができました。

カフェはオーナーさんがセルフビルド

カフェ水母の建物は、オーナーさんがセルフビルドされたものだそう。
ところどころにアーティスティックな色彩をちりばめられた雰囲気がとても素敵です。

カフェ水母、内観

カフェ水母の店内、キッチン

カウンター席

窓の外に見える海

窓の向こうには、幻想的に広がる海。良いですね。

吹き抜ける、強い潮風。不思議と静かな、佇まい。

ここにいると、誰かが創った物語世界に、自分がお邪魔しているような、はたまた迷い込んできたような、そんな気持ちになります。

ナチュラルの言葉がとても似合う空間。
それでいて、創作の素敵さが伝わる、このなんともいえない感じ。

素晴らしいです。

しかし私たちは、そんな幻想的な雰囲気の中で、テナガエビを捕まえる作戦を必死に立てていました笑
(店員さんにもアドバイス頂き、ありがとうございました。)

はっはっは。

自然素材が美味しいランチ

さてランチです。

フードメニュー

こちらがフードのメニュー。
ランチのフードメニューは3つ。「タコライス」と「ベジタコライス(お肉の部分を大豆で作ったタコライス)」、「スモークサンド」です。

タコライスセット(スープドリンク付き)

私が頼んだのは、タコライスセット(1100円)です。

タコライスセット

高さがあって、とても見栄えのいい盛り付け。

タコライスは野菜が山盛り

野菜がこれでもかと盛られていますが、大盛りではございませんよ。

タコライスのソース

タコライスには、こちらの自家製のバジルソースと、サルサソースをつけます。
バジルソース、個人的に気に入りました。美味しい。

サルサソースは辛め

サルサソースはトマトのフレッシュな感じが美味しいです。が、辛いです。唐辛子の辛さが後からきます。
お店の方も「辛いのが苦手なかたはお気をつけください」とおっしゃっていました。

ホットコーヒー

ドリンクはホットコーヒー頼みました。マグカップの70年代レトロっぽい感じがいいです。

スモークサンドセット(スープドリンク付き)

スモークサンドセット

こちらも美味しそう!お皿の具材を自分でサンドして食べます。

スモークが美味しそう

県産豚のスモーク。これをサンドするなんて、なんて良いチョイス。

前菜のスープ

こちらは前菜のスープ。タコライスの方も同じものが付きます。

黒糖シークワーサージュース

ドリンクで、ジュースを選ぶと「黒糖シークワーサージュース」が来ます。色合いはオレンジっぽいですが、味はシークワーサー。爽やかな酸味と、黒糖のぽってりとした甘みが合ってますよ。

美味しいランチに舌鼓を打ちながら、素敵な空間でテナガエビを捕る作戦を話す私たちは、なんとも不思議なお客さんだったことでしょう。

お店の前の庭は畑

お庭は、お店の畑になっています。

カフェの前のガーデンに畑

お店で使われる食材も育てたりしているそうですよ。

バジル

例えば、バジルソースのバジルとか。

カフェ水母の庭にハイビスカス

これは食べませんが、ハイビスカスも綺麗に植えられていました。

自然が満載の海辺で、なかなか良いランチが食べられました。

スポンサーリンク

スポット情報

名称 カフェ水母
住所 沖縄県国頭村字楚洲150-1
アクセス 辺戸岬から車で約20分
営業時間 11:00~18:00
定休日 火・水曜日
電話番号 0980-50-4040
URL http://www.mco.ne.jp/~yamagame/
予約サイト -
駐車場 あり
料金 タコライスセット¥1,100、スモークサンドセット¥1,100
設備 オーシャンビュー

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事

Translate »