×閉じる
ピノ子のレポート

沖縄で食べる美味しいギリシャ料理「リトルグリークキッチン」

りトルグリークキッチンは、伊計島から読谷村にお店を移しました!

みなみのひげが30歳を迎える誕生日。

誕生日はどこか行きたいところあるー?

リトルグリークキッチンに行って、コンテナ見に行こう!

というわけで、兼ねてから夫婦で気になっていた伊計島の「リトルグリークキッチン」へ行ってきました(要予約)。

料理・ロケーション・外観・内装、どれも素晴らしい。

「いつもより少し贅沢に。自分へのご褒美。」
リトルグリークキッチンは、そんなときに訪れたいお店です。

スポンサーリンク

伊計島・コンテナでできたお店

伊計島のコンテナハウス

リトルグリークキッチンがあるのは、うるま市の車で行ける離島「伊計島」。海中道路を渡った一番奥の島です。

とても静かな離島の海辺に、リトルグリークキッチンはあります。

リトルグリークキッチン

リトルグリークキッチンに最初に興味を持った理由は、コンテナでお店を開いていたからでした。
スモールハウスに興味がある私たちは、このコンテナをみただけで大興奮!

コンテナハウスでお店

コンテナといえば、荷物を保管しておくモノですが、工夫次第でこんな大きな窓付きのお店に生まれ変わるのですね。

リトルグリークキッチンの店内
ときには友人の助けを借りながら、オーナー・パメラさんが手づくりしたというお店は、とても愛着を感じる造りになっています。

気さくなオーナー、パメラさん

パメラさん

リトルグリークキッチンを、一人で切り盛りしているパメラさん。

アメリカ出身ですが、ギリシャが大好き。ギリシャに移り住んだ後、縁あって日本へ。伊計島に住んでから、こうして離島でギリシャ料理のお店を始められたそうです。

ちなみに伊計島に住む前は、静岡で14年暮らしていたそう。
電話予約の際に、「英語できないけど、日本語で大丈夫かな…」と心配しましたが、そんな心配は不要でした。
めちゃめちゃ日本語が上手です(笑)

「フレッシュな料理を食べて欲しい」

メニューは、ギリシャ料理のコースになっています。1人2,000円。

以前は単品メニューも用意していたそうですが、新鮮なまま料理を保存しておくことは難しいため、「フレッシュな料理のまま食べて欲しい」と、現在はコースのみになったそうです。

ドリンク

コース料理が始まる前に、まずは乾杯することに。(ドリンクは1杯500円)

リトルグリークキッチンのビール
みなみのひげは、生ビール。

リトルグリークキッチンのノンアルカクテル
私はグァバソーダに。

ギリシャ料理のコース

ドリンクで喉を潤したところで、まずはパンがやってきました。

パンとディップ
パンももちろんパメラさんの手づくり。ハード系のパンに、不思議な色味のディップつき。

パプリカディップ
このディップはパプリカを細かくして、チーズ・ニンニクを混ぜ合わせたもの。

ギリシャサラダ
続いてやってきたのは、ギリシャサラダ。
キュウリ・トマト・オリーブ・玉ねぎに、オリーブオイルにフェタチーズ・塩こしょうでシンプルな味付け。

食材はなるべく沖縄のものを使うようにしているそうで、とても新鮮でした。

リトルグリークキッチンのパメラさん
「次は一体どんな料理が出てくるんだろう・・・ワクワク」と、キッチンを少し覗き見。

何が出てくるのかお楽しみなところも、コース料理の魅力ですね。

リトルグリークキッチンのメイン
いよいよ、メイン料理の登場です。
色んな料理がお皿に盛りつけられてでてきました。

イカめし
こちらはイカめし。
でも中身は普通のイカめしとは違って、パエリアに近かったです。

ローストチキン
ローストチキン。

ローストラム
ローストラム(羊肉)。

ヨーグルトをつけて食べる
面白いのは、お肉にギリシャヨーグルトをつけて食べることです。

ギリシャヨーグルトは、フレッシュなマヨネーズのようで、とてもあっさり。
ラムのくさみもこのヨーグルトをつけると、まったく気にならなくなりました。

ほうれん草のパイ
ほうれん草のパイ。
ギリシャではパイが日本でいうおにぎり感覚で食べられているそう。

「おにぎり感覚でパイを食べるなんて、贅沢だね」とみなみのひげがうらやましがっていました。

ギリシャ料理のリトルグリークキッチン
パイもそうですが、ギリシャ料理って手が凝っていますよね。
パンもヨーグルトも手づくりしているので、相当時間をかけて料理を作られているのが感じられます。

ちなみに、料理は日によっても変わるそう。どんな料理が出てくるのか、毎回楽しみですね。

フラッペ
コースについているフラッペ。

フラッペの泡
泡がすごいことになっています(笑)
ほろ苦いフラッペを飲みながら、最後はデザートです。

デザート
デザートは、ギリシャヨーグルトにハチミツとクルミのせ。

ギリシャヨーグルト
先ほどお肉につけていたギリシャヨーグルトとはまた違ったヨーグルトです。

はぁ・・・なんだかどれもおいしくて、そして楽しい料理ばかりで、コース料理が終わってしまったことが名残惜しい…。
それほど、素敵な料理ばかりです。

テイクアウトもできます

リトルグリークキッチンの持ち帰り

「もっとギリシャ料理を食べたい!」「ホームパーティーでギリシャ料理を出したい!」
そんな方々のために、リトルグリークキッチンでは、料理をテイクアウトすることもできるそうです。

テイクアウトして、伊計島の海をみながらピクニック気分で食べるのもいいですね。

予約してから行きましょう!

1人で1日分の仕込みが必要なため、現在は完全予約制です。
週末に訪れる場合は1週間前には予約しておくことをおすすめします。

念願だったリトルグリークキッチンへ食事に行くことができ、みなみのひげも大満足だったようです。

料理がおいしいのはもちろんですが、何よりパメラさんが魅力的。彼女に会いに、もう一度訪れたくなるお店でした。

スポンサーリンク

スポット情報

名称 リトル グリーク キッチン
住所 読谷村長浜1189-3
アクセス 読谷村長浜。
営業時間 12:00〜
定休日 月・火・水曜日
電話番号 080-8566-0802
URL https://www.facebook.com/littlegreekkitchenokinawa/
予約サイト - (完全予約制)
駐車場 あり
料金 ランチ¥2,000、ドリンク¥500
設備 テーブル席

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事

Translate »