今帰仁城のスポット情報
ピノ子のレポート

日本一早いサクラが咲く「今帰仁城」は、 冬の人気観光スポット。

今帰仁城
沖縄県内には琉球王国時代の城跡が今でも多く残っています。
その一つである「今帰仁城」は、美ら海水族館から車で10分とアクセスが良く、人気の観光スポットです。

スポンサーリンク

チケットを購入してから城跡へ

今帰仁城のチケット売り場
まずは券売所でチケットを購入します。

今帰仁城の料金
大人400円、小中高生300円、幼稚園生以下は無料です。

今帰仁城のチケット
私たちも無事チケットを購入。

城跡入り口
チケットを購入したあとは、城跡入口へ向かいます。

チケットは先に購入
念を押して確認。チケットは持っていますか?
券売所でチケットを買って行かないと、買いにまた戻って来なければいけないので気をつけましょう!

冬に桜祭りが開催

サクラが美しい
冬にサクラ…?
そう思う方も多いのではないでしょうか。

南の沖縄では、冬にサクラが咲くのです!
今帰仁城のサクラは“日本一早く咲くサクラ”として有名です。

沖縄のサクラは濃い色
今帰仁城の城跡へ向かう通路にもサクラがキレイに咲いています。

今帰仁城のサクラ祭り
みなさんカメラを片手に観光にきていました。

今帰仁城からの景色

海がみえる
今帰仁城に到着すると、城趾から東シナ海をきれいにみることができます。

今帰仁城からの景色
南国の海と、春のサクラが一緒にみられるというのは、海のない埼玉生まれの私からしたらとても新鮮。

サクラ祭り
沖縄のサクラは、本土でよくみるサクラとはちょっと違うことに気がつきましたか?

サクラがきれい
沖縄では寒緋桜(カンヒザクラ)が一般的で、濃いピンク色をしています。花びらが散る“桜吹雪”はなく、花ごとポトッと落ちるのが特長です。

サクラと今帰仁城
沖縄の濃い空とピンクがとても合います。

緑も多い
東シナの反対には、自然豊かな緑の景色が広がっています。
標高約100メートルの高台にある城跡は、とても清々しいです。

海を見ながらの帰り道

帰り道は海
帰りは来た道を戻ります。帰路はちょうど海が見えるので、ゆっくり海をみながら帰るといいかもしれません。

1番の観光時期はやっぱり冬!

今帰仁城の一番の見頃は、サクラ祭りが開催される冬(1月頃)!
日本で最も早く開花し、今帰仁城をスタートにサクラが沖縄県内を南下していきます。

サクラといえば、桜前線が北上するイメージですが、沖縄は南下するから不思議ですよね。
カンヒザクラは寒さで咲く花なので、暖かい南へ進んで行くそうです。

冬にサクラ、これは日本でも沖縄でしか味わえない観光だと思います!

スポンサーリンク

スポット情報

名称 今帰仁城
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
アクセス 美ら海水族館から車で約10分、那覇空港から車で約1時間40分
営業時間 9時~17時
定休日 無休
電話番号 0980-56-4400
URL http://nakijinjo.jp/
予約サイト
駐車場 あり
料金 入園料:大人400円、小中高生300円、幼稚園生以下は無料
設備 トイレ:あり

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク
Translate »