×閉じる
みなみのひげのレポート

南城市の聖地「斎場御嶽」は有名なパワースポット

スポンサーリンク

南部のパワースポット斎場御嶽

祈りの場所

斎場御嶽(せーふぁうたき)は、南城市にあるパワースポットです。非常に人気のあるスポットで、よく沖縄観光の雑誌などで紹介されています。

斎場御嶽は琉球時代の「祈りの場所」。神秘的な雰囲気の森の中、各所に祈祷場があり、現在でも地元の方がお祈りに使ったりもする生きた聖地です。

歴史・文化的に貴重な、神秘の場所

パワースポットでよく紹介されている斎場御嶽ですが、もともとは琉球時代に王族管理の高位の祈祷の場所として使われていたところ。

なぜかというと、琉球神話の神が住む島、久高島が見えるからです。斎場御嶽の一番奥に、三庫理(さんぐーい)という最高位の祈祷場があり、そこから久高島をのぞむことができます。

久高島をのぞむ
…これなんですけど、撮影がうまくいかず見えませんね。。実際に行ってみたときのお楽しみにしてください!笑

というわけで、歴史的・文化的にも非常に価値のある場所なのです。2000年に世界遺産認定を受けています。

神秘的な雰囲気の森へ

斎場御嶽へは、近くのがんじゅう道の駅に行ってチケットを買って歩いていきます。斎場御嶽へは直接車で行けませんし、チケットも売っていません。間違えると数百メートル往復することになりますので、お気をつけください。

斎場御嶽の入口
斎場御嶽入口。

この手前にある「緑の館・セーファ」でチケットを渡します。歴史資料館にもなっていて、ムービーなどで斎場御嶽の前知識もバッチリ入れられます。

斎場御嶽の中の道
斎場御嶽は森の中です。ゆるやかな山道を上って行きます。気持ちがいいですね。

雨が降ったりすると滑りやすいので、滑りやすいヒールのある靴やサンダルは避けましょう。

神秘の森
森に入ると、なんだか急に静かになり、空気がしっとりし始めます。すごい!これが聖域の力!?

スピリチュアルな雰囲気

2015052707
おおぅ、なんだか本当にスピリチュアルな雰囲気がでてきました。すごいな。。

砲弾によってできた池
道の途中に、唐突に池が。何かと思ったら、戦争で落ちてきた砲弾によってできた池だそうです。直径3mはゆうに超えるサイズ。。

拝所
しばらく歩くと拝所があります。この石を積んであるところに向かって、祈りをおこなうのだそうです。

拝所

ちなみに、当時、斎場御嶽は男子禁制の場所だったそうです。
祈る人はすべて女性。王族管理なのに、王様ですら入るためには女装しなきゃいけなかったんだとか。いいのかな、私みたいなおじさんが入っちゃって。。?

拝所は斎場御嶽内に3つあり、それぞれ役割も違うのでぜひそちらも気にかけながら見てみてください。

御嶽は今でも祈りの場所

さて、斎場御嶽の道をずっと進むのと一番奥にあるのが、こちら。

三庫理(さんぐーい)
はい、これが最高位の祈祷場、三庫理(さんぐーい)です。

三角形
特徴的な三角形のトンネル。写真などでよくみかけるかもしれません。一枚岩がよりかかってできているんですね。こちらもなんだか神秘的。

壺
壁面伝いに落ちてきた雫をためる壺は、昔から設置されているものだそう。溜まっているお水は非常に聖なるものだと言われています。

久高島をのぞむ
三角形のトンネルをくぐれば、久高島をのぞむ祈祷場にたどり着きます。当時はここで神様と通じることができると信仰されていたのですね。
本当に聖なる場所なんだなぁ。

不思議な力を感じます

私は霊感とは無縁のNOTスピリチュアルな人間ですので、実際に斎場御嶽に聖なる力があるのかどうかは感じ取れません。とはいえ、斎場御嶽は森の中にあって、騒音もなくとても静か。そして緑があって空気もしっとりとしているので、私みたいな人間でも、不思議な雰囲気を感じることができます。

あーたしかに、祈祷の場所になるのもわかるなぁー。と思ってしまうこの神秘的な雰囲気。パワースポットと言われる由縁なんでしょうね。聖地に思いを巡らせながら、スピリチュアルなパワーをもらってみるのもなかなかいい体験ですよ。

スポンサーリンク

スポット情報

名称 斎場御嶽
住所 南城市知念字久手堅270-1
アクセス 那覇市内より車で約40分。
営業時間 9:00〜18:00(最終入館17:30)
定休日 聖地としての静寂さを確保し、自然保護を行う観点から毎年2回旧暦5月1日~3日、旧暦10月1日~3日を休息日としているそうです。
電話番号 098-949-1899
URL http://okinawa-nanjo.jp/sefa/
予約サイト
駐車場 あり 約150台(がんじゅう道の駅駐車場)
料金 大人(高校生以上)¥200、小人(小・中学生)¥100、団体大人(20名以上)¥150/名
設備 緑の館・セーファ(歴史資料館)、トイレは場外にあり

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事

Translate »