裏ワザ10%オフでホテルに泊まる方法はこちら
果報バンタからの絶景

うるま市でおすすめの観光&グルメスポット

「うるま市に、こんなに観光スポットがあったなんて!」

うるま市へ引っ越してきて、1ヶ月。
ガイドブックでほんの一角で紹介が終わってしまう「うるま市」は、実際に住んでみたら、たくさんの観光スポットがある場所でした。

今回は、観光目線でみる「うるま市の魅力」を思う存分、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

うるま市ってどこ?

うるま市は、沖縄本島の中部に位置しています。
2005年に、具志川市・石川市・中頭郡勝連町・与那城町の2市2町が合併して、1つの市になりました。
そんなうるま市には、8つの島々があります。

8つの島々のうち、5つの離島へはフェリー・飛行機を使わず、車だけで行くことができます!
沖縄本島で最も「車で行ける離島」が多いのが、うるま市なのです。

うるま市の観光スポット

海中道路

海中道路
うるま市の代表的な観光スポット「海中道路」です。
先ほどお伝えした「車でいける離島」と本島をつないでいるのが、この海中道路です。

4.7km続く、長い大きな橋をドライブするのは、とても気持ちがいいものです。
海中道路の真ん中には、海の駅「あやはし館」があり、お土産を購入したり、食事できるスペースがあります。

海中道路を真上からみることができるスポットも、このあやはし館近くにあります。

海中道路の詳細をみる

勝連城跡

勝連城の全体写真
世界遺産に登録されている、勝連城の城跡。(入場無料!)

勝連城は、15世紀に海外貿易により勝連に繁栄をもたらした阿麻和利が居城した有名なお城です。実際は、12〜13世紀に築城されたと考えられており、沖縄の城で最も古いと考えられています。

絶景が広がる城跡
勝連城跡は高台にあるため、360度のパノラマ景色を楽しめます。
一の曲輪(一番高いところ)までは、階段をのぼっていくので、歩きやすい靴でいくことをおすすめします。

勝連城跡の詳細をみる

シルミチュー

シルミチュー
琉球の神様(アマミチューとシルミチュー)が初めて子どもを授かった場所とされる、シルミチュー。
子宝祈願のために訪れる方も多いパワースポットです。

階段をのぼった先にシルミチューはあります。
ただし、シルミチューがある鍾乳洞の入り口には、錠がしてあります。そのままですと、これ以上進むことはできません。
シルミチューまで行きたい方は、公民館で鍵を借りれば中で参拝することが出来るようです(土日・祭日は事前に連絡が必要)。

同じ島内にあるもう1つのパワースポット「アマミチュー」と合わせてどうぞ。

シルミチューの詳細をみる

ムルク浜

浜比嘉島のムルク浜
浜比嘉島にある隠れ家ビーチ、ムルク浜。
天然ビーチですが、しっかり管理されているので、トイレ・シャワーもあります。
ビーチからみえる無人島「浮原島」「南浮原島」を眺めながら、ゆったり海を楽しむことができます。

ムルク浜の海中
観光客もそこまで多くはない印象で、透明度も高くきれいなビーチです。

ムルク浜の詳細をみる

イチの里 仲原遺跡

仲原遺跡
「どうしてこんなところに竪穴式住居!?」突然現れる縄文時代の遺跡。これが、仲原遺跡です。
イチハナリ(一番離れた島)である伊計島に残っている、縄文時代の人々の住居跡で、国の史跡に指定されています。

仲原遺跡は5分もかからずに見終わってしまいますが、入場料がかからず、自由に出入りができるので、気楽に立ち寄ることができるスポットです。

イチの里 仲原遺跡の詳細をみる

果報(かふう)バンタ

果報バンタ
私たち夫婦のお気に入りスポット、果報バンタ(かふうばんた)。
別名「幸せ岬」と命名され、パワースポットでもあります。

バンタは沖縄の言葉で「」の意味。断崖絶壁の下に広がる海の景色は、言葉を失うほどの美しさ。沖縄本島屈指の絶景スポットです。

果報(かふう)バンタの詳細をみる

シヌグ堂バンタ

シヌグ堂バンタ
果報バンタから車で10分ほど走らせたところにあるもう1つのバンタ、シヌグ堂バンタ。
海を見渡す果報バンタとは違い、島の様子を見渡すことができます。

シヌグ堂バンタの周辺には、広大な農地が広がっており、とても静かな場所です。鳥のさえずりや虫の鳴き声が聞こえてきて、とても癒やされます。

シヌグ堂バンタの詳細をみる

うるま市のグルメスポット

キングタコス

キングタコスのタコライス
タコライス発祥店「パーラー千里」の姉妹店である、キングタコス。沖縄県民から、「キンタコ」の愛称で親しまれています。
代表的なメニューは、タコスとタコライスになります。

キングタコスは沖縄県で7店舗展開している、人気店です。
人気の理由は、ボリューム感と手頃な価格!さらにクセになる美味しさ!

沖縄へ観光に来た際は、一度食べてほしいB級グルメです。

キングタコスの詳細をみる

丸一食品

沖縄の丸一食品いなり
いなり&チキンの組み合わせで人気の丸一食品。うるま市に2店舗構えています。

沖縄のいなりは、薄いクリーム色の油揚げで、味もとてもシンプル。
油っぽさがなく、甘酸っぱく味付けした酢飯がメインなので、とても食べやすいです。
ガーリックがきいているチキンと一緒に食べると、よりおいしさが増すので、ぜひセットで食べてみてください。

丸一食品(塩屋店)の詳細をみる

てぃーらぶい

てぃーらぶいの定食
ふるさとのような島のごはんを味わえる、てぃーらぶい。
浜比嘉島の集落内にある古民家食堂です。

ランチメニューは汁物、おかず、ごはんと、それぞれ2種類から選ぶことができるので、一緒にいったかたと食べ比べてみるのも面白いですよ。
「島の食事」を味わいたいかたにおすすめのお店です。

てぃーらぶいの詳細をみる

うるまジェラート

うるまジェラート
沖縄の食材を使ったジェラートが食べられる、うるまジェラート。
ぬちまーす、唐辛子、パッションフルーツなどの変わったフレーバーを楽しむことができます。

私たちのおすすめは、シャーベット感覚で食べられる「パッションフルーツ」です。
夏季限定のフレーバーですので、タイミングが合えば、ぜひ試してみてください!

うるまジェラートの詳細をみる

うるま市には、こんな魅力も!

うるま市には、ほかにも知られざる魅力があります。

  • 県内随一の闘牛どころ(闘牛のイベントがある)
  • 特産品「黄金芋」
  • キャロットアイランド(津堅島のニンジン畑)
  • イチハナリアートプロジェクト

うるま市にもぜひ旅行に来てみてください〜!

シェアする
閉じる