×閉じる
ピノ子のレポート

沖縄の神様が子どもを授かった「シルミチュー」で子宝祈願

413はまひが ホテル&カフェに家族で宿泊した際に、スタッフの方に教えてもらった「シルミチュー」へ行ってみました。

スポンサーリンク 沖縄のレンタカーを比較して「たびらいレンタカー」で最安値予約

浜比嘉島全体がパワースポット

浜比嘉島パワースポット
シルミチューのある浜比嘉島は、“島全体がパワースポット”といわれるような島です。
なぜなら、浜比嘉島は、琉球(昔の沖縄の呼び名)をつくった神様が住んでいた場所とされているからです。

「シルミチュー」で子宝祈願

シルミチューの案内
沖縄の神様は、女の神様を「アマミキヨ」、男の神様を「シネリキヨ」と呼びます。
浜比嘉島ではそれぞれをアマミチュー、シルミチューと呼び、敬ってきたそうです。

そして、2人が住まいとして構えたといわれる洞窟が「シルミチュー」なのです。
ふたりがここで最初の子どもを授かったと伝えられています。洞窟の中には鍾乳石があり、子宝祈願に訪れる人が今も多い場所です。

「シルミチュー」までの様子

シルミチューの駐車場
googleマップの案内にしたがって、車で向かって行くと近くに駐車場があります。
ここに車を駐車してシルミチューまで徒歩で向かいます。

シルミチューは私有地
シルミチューは、なんと私有地・・・!

シルミチューまでの道
道に沿って進んで行きます。

シルミチュー手前の木の根っこがすごい
シルミチューの手間にある木の根っこがすごい形をしていました。
これは本当にパワーがありそうなところだ…!

シルミチュー
鳥居がみえてきました。
階段108段を上れば、シルミチューがあります。

シルミチューでお祈り
こちらがシルミチュー。
鍾乳洞の入り口は錠がしてあり、これ以上行くことはできませんが、公民館から鍵を借りれば中で参拝することが出来るようです(土日・祭日は事前に連絡が必要)。

私も子宝と健康を祈願させてもらい、お祈り後はなんだかとても清々しい気持ちに。

シルミチューからの景色
シルミチュー周辺はキレイに管理されており、大切に守っている場所だと感じます。

展望台とカフェもあります

シーサイドガーデン浜比嘉
シルミチューからの帰り道、こんな看板を見つけました。
どうやら展望台とカフェ「シーサイドガーデン浜比嘉」があるようです。

シルミチューの先は立ち入り禁止
私たちが訪れたときは、朝早い時間帯だったためか開いていませんでした。
チケット購入者か、売店の利用者のみしか入れないようですので、ご注意ください。

浜比嘉島には「アマミチュー」もあります

浜比嘉島には、女の神様「アマミキヨ」の墓として伝えられる、アマミチューもあります。
こちらも沖縄のパワースポットの一つとして知られている場所です。

スポンサーリンク

スポット情報

名称 シルミチュー
住所 沖縄県うるま市勝連比嘉1606-33
アクセス 海中道路より車で約15分
営業時間 -
定休日 -
電話番号 098-965-5634
URL https://goo.gl/maps/cgSUd3GjpGR2
予約サイト -
駐車場 あり
料金 無料
設備 展望台・シーサイドガーデン浜比嘉隣接

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事