×閉じる
ピノ子のレポート

一口食べたら優しさが広がるネパール風カレー「ナイスネス(niceness)」

「カレーをテイクアウトして、海を見ながら食べたい」という私たちの希望を叶えてくれたお店、ナイスネス(niceness)をご紹介します。

カラダにもお口にも優しいカレーをお探しの方や、ビーガンの方におすすめです。

スポンサーリンク 沖縄のレンタカーを比較して「たびらいレンタカー」で最安値予約

那覇から名護市へ移転した「ナイスネス」

ナイスネスはもともと那覇でタイカレー屋さんを7年間していたそうです。
現在は名護市に移転し、ネパールカレーを基にしたカレー屋さんをしています。

同じカレーとはいえ、タイからネパールカレーに切り替えるって面白いですよね。

ナイスネスの外観

こちらがナイスネスの外観です。
緑に囲まれており、ガーデンではハーブなども育てています。

ナイスネス

入り口前にも、席が。屋根もついているので、雨の日も安心ですね。

ナイスネスのランチメニュー

ナイスネスのメニュー

この日のランチメニューは、2種類。

  • 県産米と熊本産小麦の天然酵母パンプレート
  • 旬のやんばる野菜たっぷりネパール風カレープレート

メニューはすべてテイクアウトが可能です。

私たちは「旬のやんばる野菜たっぷりネパール風カレープレート」を注文して、テイクアウトの準備が終わるまで、店内に座って待つことに。

ナイスネスのテイクアウトメニュー

ナイスネスはカレー以外にも、スコーン・マフィン・クッキーも販売しています。こちらもテイクアウトOK。

テイクアウトして海を見ながら食べる

テイクアウトのカレーを受け取り、古宇利島まで車でひとっ走り。

そうです、そうなのです。

古宇利大橋を眺めながらカレーを食べたかったのです。
海の写真は撮影し忘れてしまったのですが、ナイスネスのカレーはバッチリ撮影したので載せておきますね。

ナイスネスは、お肉を使わないビーガンのお店。
お肉を使わず、野菜や豆の素材とスパイスでカレーを作っているそうです。

ナイスネスのテイクアウトカレー

パックには2種類のカレーと、おかず5種類。

ナイスネスのテイクアウトカレー

ライスは、沖縄県産のお米を使用。白米ではなく、玄米が丸く盛り付けられています。

ネパールカレー

こちらのカレーにはオクラ・モーウィ(?)などの野菜がたっぷり。
異国のカレーといえば汗が噴き出るようなカレーを想像しがちですが、ナイスネスのカレーは、まったく辛くありません。

野菜の旨味が染み込んだスープが口に広がるので、子どもも食べやすいカレーになっています。

ネパールカレー

もう片方のカレーは、お豆で作ったスープカレー。
とてもサラサラした舌触りで、一口食べると、ほっこり優しい気持ちに。
お肉を使っていない分、豆本来の味がぎゅっと染み込んでいます。

どちらも刺激が少ないので、すんなりカラダに馴染む。そんなカレーでした。

パーマカルチャー菜園で野菜作り

テイクアウトの待ち時間でのこと。

ナイスネスの店内

友達と「畑の野菜作り」について話していたら、店員さんが本棚から「パーマカルチャー菜園入門」を本を差し出してくださいました。

パーマカルチャー

パーマカルチャー菜園とは、自然の仕組みを生かした家庭菜園ができるそう。ナイスネスでも実践しています。

何も考えずに植えているようにみえて、実はとても計算されているのです。
上から下に円を描くように苗を植えることで、水が下までいきわたる仕組みになっています。

さらに、太陽が当たるところ、当たりにくいところ、水が行き渡りにくいところなど、育てるものによって植える場所を変えているのです。

これなら狭い家庭菜園でも、いろんな種類を育てることができると教えてもらいました。(庭を手に入れてぜひチャレンジしてみたいです!)

穏やかな気持ちになるカレー屋さんでした

カレーの味もそうですが、店員さんの雰囲気もとても穏やか。
喧騒している場所とは無縁のような、そんなものを感じました。

また海を見ながらカレーを食べたいときに、テイクアウトさせてもらおうと思います。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

スポット情報

名称 ナイスネス (niceness)
住所 沖縄県名護市字宇茂佐1635-1
アクセス 「許田」道の駅から車で約20分
営業時間 10:00~17:00
定休日 月・火曜日
電話番号 080-5232-8552
URL http://niceness.ti-da.net/
予約サイト -
駐車場 あり
料金
設備 ビーガン料理に対応、テイクアウト可

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事

Translate »