×閉じる
ピノ子のレポート

小さな絵本屋「Polaris(ポラリス)」。木のぬくもりとたくさんの絵本でお出迎え

絵本屋Polarisの外観

名護市に新しくできたお店、絵本屋Polaris(ポラリス)

小さな小さな店構えに、最初見たときから心惹かれていました。

もうじき子どもが生まれるわが家は、絵本の下見を兼ねて、友達とお店へお邪魔してきました。

スポンサーリンク 沖縄のレンタカーを比較して「たびらいレンタカー」で最安値予約

変わった絵本、沖縄の絵本を多数取り扱う絵本屋さん

写真展のイベントも開催

絵本のポラリスの本棚

私たちが訪れた週末は、ちょうど店内で写真展を開催中で、通常よりも置いてある絵本の冊数が少なく、レイアウトも異なるようです。

それでも気になる絵本がたくさん。

ポラリスの絵本を物色

絵本って大人が読んでも楽しいんですね。
子どもの頃はあまり目が行かなかったイラストの隅々まで、いまになっては興味深くみてしまいます。

小さな絵本屋ポラリスの絵本を読む

一緒に行った友人も、このありさま。夢中です。

店内は3坪ほどの広さでお世辞にも広いとはいえませんが、このサイズ感が屋根裏部屋の隠れ家的で、またいい雰囲気。大人も童心に返ってしまいます。

沖縄の絵本、海外の絵本

絵本屋Polarisで扱っている絵本は、本屋産で並ぶような有名な絵本もありますが、どちらかというと、ちょっと変わった絵本を扱っています。

沖縄のかたが描いたキジムナーの絵本だったり、海外作家の絵本だったり。

わが家にもあった絵本を発見

あっ、わが家にもある海外の絵本を発見!

趣味がつながったようで、同じ本を扱っていると、うれしくなります。

絵本屋さん

たくさんある絵本から、「まだ見ぬ我が子には、どれがいいかな?」と考えながら絵本を探すのも、面白いです。

写真を撮り忘れましたが、ページを開くたびに絵が飛び出す絵本もあって、大人のわたしでも読み進めるのが楽しかったです。

また子どもが生まれたら、一緒に選びにいきたいなぁ。

沖縄旅行のお土産に、絵本。新しいお土産のカタチ

トートバックもお土産に

オリジナルトートバック。本が入るちょうど良いサイズでお土産にもおすすめです

旅の思い出に、現地の本を買って帰るように、絵本を買って帰る。

そんなお土産も素敵だと思いました。

絵本なら子どもと帰りの飛行機の中で楽しむこともできますし、絵本をひらくたびに、旅行の思い出が蘇るかもしれませんね。

小さなお店ながら、Polarisには子どもたちのワクワクがつまっているような、そんなお店でした。

スポンサーリンク

スポット情報

名称 絵本屋Polaris
住所 名護市屋部37番地 にじ公園前
アクセス 道の駅 許田から車で約20分
営業時間 10:00~17:00
定休日 水・金・日(不定休あり)
電話番号 080-6485-3739
URL http://bookpolaris.ti-da.net/
予約サイト -
駐車場 あり 3台
料金 -
設備 -

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事

Translate »