×閉じる
ピノ子のレポート

ぽうちゃたつや – 宮古島の料理・泡盛が楽しめる居酒屋

宮古島の居酒屋ぽうちゃたつや
「宮古島のおいしい島料理が食べられるお店はどこがあるのだろう?」

下調べも何もしないで宮古島旅行へ来た私たち。
一緒に旅行していたしっかり者の友だちが「食べログで3.5と好評価のぽうちゃたつやへ行こう」と調べてくれていたので、行ってきました!

スポンサーリンク

宮古島料理が味わえる「ぽうちゃたつや」

ぽうちゃたつや…面白い名前ですよね。
「ぽうちゃ」とは、多良間の方言でお祝い事などに料理を担当する「料理当番」の意味。そして「たつや」は料理長のお名前だそうです。

少人数での利用がおすすめ!

写真はありませんが、店内はカウンター席と座敷に分かれていました。
席数は35席とあまり広くないので、少人数の個人旅行で宮古島に訪れた際におすすめです。

人気店なので、事前予約もしておいた方が安心かもしれません。

ぽうちゃたつやの料理

では、食べた料理の写真を貼っていきます。

アーサーかき揚げ
アーサーのかき揚げ。
衣がさくさくしていて、食感も楽しめます。
塩と天つゆでお好みでいただきます。

くぶしめのイカ
クブシミのお刺身。
コブシメ(コウイカ)が正しい呼び名ですが、宮古島では「クブシミ」と呼ぶそうです。

店内にはクブシミの絵が飾ってあり、見てびっくり!なんて不思議な見た目をしたイカなんだ!!

厚揚げ
厚揚げもサクサクです。結構ボリュームがありました。
まずはそのまま何もつけずに食べ、その後醤油をかけて食べます。

がんもどき
がんもどきが美味しいと聞いていたので、頼んでみました。
ふわふわしていて、一瞬たこ焼きを食べているような気分になったのは私だけかな?

宮古島のぽうちゃたつや
宮古牛のローストビーフ。
レアステーキと迷いましたが、ローストビーフは冬の時期だけと聞いたので、ローストビーフを注文。言わずもがなですが、美味しかったです。

スーチキ
スーチキ(豚の塩漬け)。
本来はスーチカーと言いますが、宮古島では「スーチキ」というそうです。
沖縄県内でも地域によって呼び方が微妙に変わるのですね。

ちなみにゴーヤのことも、宮古島では「ゴーラ」と言っていました。沖縄本島では「ゴーヤー」と語尾を伸ばします。

関連:ゴーヤ?ゴーヤー?沖縄県民はゴーヤの語尾を伸ばす?

梅おにぎり
〆は梅おにぎり。
家庭的なおにぎりで、ホッとする味でした。

アーサーお茶漬け
友人はアーサーのお茶漬け。
アーサーはお茶漬けにしても美味しいだなんて!今度、家で真似してみます。

あと島らっきょの天ぷらを頼みましたが、写真を撮り忘れてしまいました…。
らっきょって苦手なんですが、島らっきょの天ぷらだけはなぜか食べられます。クセになるくらい美味しいです。

泡盛も種類がたくさんあります!

ぽうちゃたつやは、料理だけでなく泡盛も楽しむことができるお店です。
ニコニコ太郎・VIPゴールドなど、宮古島の泡盛も豊富に取り揃えていましたよー!宮古島ならではの料理とお酒が楽しめるので、きっと満足度も高いと思います!

スポンサーリンク

スポット情報

名称 ぽうちゃたつや
住所 沖縄県宮古島市平良字西里275
アクセス 平良港から徒歩で約15分、宮古空港から車で15分
営業時間 18:30~23:00
定休日 火曜
電話番号 0980-73-3931
URL https://goo.gl/maps/GVe7YFrG1TT2
予約サイト ホットペッパーのお店情報(予約・地図)
駐車場 あり 1台
料金 自家製がんもどき¥450
設備 座敷・カウンター席

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事

Translate »