×閉じる
ピノ子のレポート

うるま市の食材を使ったパン屋「パンの木」をカフェ「ゆくれれ」でいただく

休日に「軽めのランチが食べたいね」という話になり、パンの木へ行ってみることにしました。
つい先日、訪れたカフェ「ゆくれれ」がやっているパン屋さんです。

パンの木は、イートインで食べることもできるので、ランチに訪れるにもいいところでしたよ。

スポンサーリンク

1階がパン屋さん、2階がカフェ

パンの木の外観

パンの木はうるまジェラートゆくれれと同じ建物にあります。
1階の向かって右側です。

パンの木

店内にはパンがズラリ。

パンの木のパンたち

すでに個包装されているパンたちを、好きなだけトレイに乗せて、選ぶことができます。

チキンフィッシュバーガー

チキンカツバーガー(250円)

ウグイスパン

タロイモパン(125円)・ミルクパン(85円)・ウグイスパン(125円)

シナモンロール

シナモンロール(145円)

・・・・どれもおいしそう。

パンを選んでいると、「パンの木のパンは、手頃な価格で買えるパンが多い」ことに気がつきました。
ベーカリー屋さんのパンって、私の中で“休日の特別な朝”にだけ許された贅沢のように感じていましたが、パンの木であれば、もっと身近に買いに来ることができそうです。

うるま市の食材を使ったパンたちも

うるま市の食材を使ったパン

うるま市の食材を使ったパンも人気なようです。

車で行ける離島・伊計島の黄金芋を使った、黄金芋リング。
パンの木目の前の照間ビーチで獲ったもずくを利用した、もずく塩パン。

ゆくれれのサンドイッチ

もずく塩パンは、先日カフェゆくれれで食べたサンドイッチのバンズにも使われていました。

もう1つ、うるま市からフェリーで行く離島・津堅島のニンジンを使用した、キャロットブレッド。

キャロットパン

すでにほかの2点は売り切れてしまっていましたが、キャロットブレッドはまだ売っていました。
ニンジンのオレンジ色をした食パンが美味しそうですね。

今回は買いませんでしたが、今度、朝ごはん用に買ってみようっと!

2階のゆくれれカフェへパンを持ち込んで食べられる

パンの木のパンは、ドリンクまたはスープを注文すれば、2階のゆくれれで食べることができます。

せっかくなので、ゆくれれへ。

ゆくれれカフェの店内

買ったパンをゆくれれに持っていき、席に案内してもらいました。
海を見渡せる窓際のカウンター席です。

ドリンクとスープをそれぞれ注文したら、「パンを温めてきましょうねー」と、お皿に入れて持ってきてくれました。

パンを温めてくれる

おっ、さっきまでビニール袋に入っていたパンたちが、見違えた!

海をみながらパン

パンの木も、ゆくれれも朝8:00〜オープンしているので、ホテル泊で朝食がついていない場合は、パンを買ってきてイートインするのもいいかも。
(ゆくれれのカフェメニューでもモーニングセット(500円)があります)

パンの木で注文したパン

私たちが購入したパンは、この3つです。

  • カレーパン(口の中がすこし辛く感じる程度で、油っぽさも控えめ)
  • メロンパン(外はサックり、中はもっちり。甘すぎずいい)
  • フィッシュバーガー(夫の感想「魚のフライが好きなので、おいしかった」)

パンを温めてもらったことで、おいしさが増しました。

1時間以上滞在していました

「軽くランチに」と思って向かったものの、結局1時間以上、ゆくれれでのんびりしていました。
海を眺めたり、パンを頬張ったり、世間話したりしていたら、あっという間に時間がすぎてしまうものなのですね。

パン屋さんで買って、カフェで食べるって体験もなんだかいい感じ。

「パンの木」は素朴なパンが多いので、今度は朝ごはん用のパンをテイクアウトしてみようと思います。

スポンサーリンク

スポット情報

名称 パンの木
住所 沖縄県うるま市与那城照間1860-1 1F
アクセス 海中道路より車で約5分
営業時間 8:00~19:00
定休日 年末年始のみ休み
電話番号 098-983-0150
URL http://yukurere.com/blog.html
予約サイト ホットペッパーのお店情報(予約・地図)
駐車場 あり
料金 キャロットブレット¥120、チキンカツバーガー¥250
設備 ドリンクまたはスープを注文すれば、上の階ゆくれれで食事が可能

地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE

関連記事

Translate »